小児歯科

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

虫歯の治療30(磨き残しにより乳歯の歯の溝が虫歯で溶けていた症例)

2017/10/07

左上の子供の歯が磨き残しにより歯が溶けて黒くなっていました

 

 

 

黒いところを削って取り除きました

子供の歯は削っても感じないため麻酔をしないで処置します

(治療していて嫌がるのは、削る機械から出る水・お口に溜まった水・治療する時の音で嫌がることが殆どです)

 

 

コンポジットレジンという保険治療の詰め物で治療して終了です

上手にお口を開けれる子ならば、5分程度でできる簡単な処置になります

 

 

お子さんに必ずシーラントをしてあげて下さい(シーラントは保険治療できてる虫歯予防効果66%の方法)

Q, シーラントってなあに?

シーラントとは、歯を削らずに奥歯の噛む面の溝の部分にプラスチックを埋め込んでコーティングし、その溝から出来る虫歯を予防する方法です。シーラントは、保険治療で行える予防方法です

Q, シーラントをした方が良い歯は?

乳歯の奥歯と永久歯の生えたての奥歯です。歯の溝が深い場合に処置をおこなうと効果的です。

Q, シーラントはいつするの?

  • 4歳〜5歳  乳歯の奥歯(3歳でも上手にお口を開けられるならします)
  • 6歳     6歳臼歯の奥歯
  • 7歳〜13歳  その後に生えてくる永久歯の奥歯

Q, シーラントの効果

シーラントを行った子ども91人に対して3年間継続的に観察した結果、

  • シーラントを行なった歯で虫歯になった歯は15.5%
  • シーラントを行わなかった歯で虫歯になったのは46.5%

 

 

 

ほとんどの方が乳歯が虫歯になってからシーラントを始めます

シーラントは保険治療でできるとても簡単な虫歯予防方法です

虫歯のならないように必ずお子さんにしてあげてください

シーラントについては詳しくはこちらから

ご家族の方は必ずお読みください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.arbre-dc.com/blog/お子さんに必ずシーラントをしてあげて下さい%E3%80%80/

カテゴリー

診療一覧

大人用の問診票ダウンロードはこちら

子ども用の問診票ダウンロードはこちら