抜歯の基準について

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

どうして抜くの?

[画像]どうして歯を抜くの?

「歯を失う」ということは、ご本人にとってとても大きな問題です。
できれば抜きたくない……と誰もが思うのではないでしょうか。
津田沼クリニックモール内にある歯医者「アーブル歯科クリニック」では、できるかぎり歯を残すことを優先して治療にあたっています。
しかし、症状によってはどうしても抜歯を選択しなくてはならないケースもあるので、まずは当院にご相談ください。

「ほんとに歯を抜くしかなかったの?」という疑問が残らないよう、こちらでは当院の抜歯の基準をご紹介します。

アーブル歯科クリニックの抜歯の基準

当院では、次の条件に当てはまった場合に抜歯を選択しています。

  • むし歯が、治療できないくらいに重度にまで進行している
  • 歯だけでなく顎の骨にまで感染が進み、骨髄炎(こつずいえん)などの大きな疾患を招く可能性が高い
  • 歯周病が悪化して常に強い痛みがある
  • また顎の骨が破壊され支えがなくなり、歯が抜け落ちる可能性が高い
  • さらに隣接する歯の顎の骨まで破壊が進んでいる
  • 咬み合わせが悪いため歯みがきが十分にできず、むし歯ができる可能性が高い
  • 生え替わりの時期に、乳歯が残っているために永久歯がうまく生えてこない
  • 明らかに異常な場所に歯が生えている
  • 歯根が折れている

なぜ、抜歯をしなければならないのか?

なぜ、抜歯をしなければならないのか?

歯はできることなら自然のまま残しておきたいものです。
しかし、残すことによって、その歯やまわりの健康な歯に影響を与える可能性が高い場合には、抜歯することが正しい選択となります。

たとえば、重度のむし歯を無理に残せば、隣の歯の健康を保つのも難しくなってしまうでしょう。
また、おかしな場所に生えている歯は、咬み合わせを乱すことで、ケアがしづらくなることでむし歯や歯周病を招いてしまうケースも少なくありません。
このように歯科治療では、「歯を残すこと」だけを優先できない場合もあるのです。

悪くなった歯を残すリスクについて

むし歯や歯周病が重度になっても歯を残していると、次のようなリスクが生まれます。

【むし歯の場合】
【むし歯の場合】
むし歯が悪化すると、歯の奥にある神経が死んでしまい、一旦痛みがなくなります。
しかしそれを放置すると、むし歯はさらに歯根の先まで進行し、炎症を起こして膿が出るようになります。
そして再び激しい痛みが生まれ、顎骨炎(がっこつえん)や歯性病巣感染(しせいびょうそうかんせん)などを招くのです。
【歯周病の場合】
【歯周病の場合】
歯周病が悪化すると、歯を支えている顎の骨はどんどん破壊されていき、歯は徐々にグラグラしていきます。
それを放置すれば、歯は最後には抜け落ちてしまいます。
さらにそのままにしておくと、歯周病の感染が広まって次々と歯を失う可能性もあるのです。

むし歯も歯周病も、悪化すればするほど治療が難しくなり、治療期間は長引き、費用もかさみます。
もちろん、歯や歯周組織の負担も大きくなる一方です。
このような事態を防ぐために、抜歯を選択することもあります。

抜歯を回避するために……

抜歯を回避するために……

当院では、上記のような基準によって抜歯をおこなっています。
もちろん、あらかじめ患者さんとじっくりお話をしたうえでのことであり、納得されない患者さんに対し無理やり抜歯をおこなうようなことはありません。

「歯医者に行ったらすぐに抜かれるのでは……」とむやみに怖がることなく、一度ご相談にお越しください。
お口の症状やご希望に応じた、患者さんに適した治療法を一緒に考えていきまましょう。

page top

診療一覧

大人用の問診票ダウンロードはこちら

子ども用の問診票ダウンロードはこちら