今の入れ歯が痛い【入れ歯(義歯)】

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

入れ歯合わないもの
思っていませんか?

[画像]「入れ歯は合わないもの」と思っていませんか?

ご自身の入れ歯が「はめると痛む」「うまく咬めない」という方や「骨が足りなくて、インプラントは無理だといわれた」など、入れ歯についてお悩みではありませんか?

歯を失ったときの治療として昔から行われてきたのが入れ歯ですが、つかい心地や見た目などでお悩みの方は少なくありません。
また、「入れ歯だから仕方ない」とあきらめてしまっている方も多いのではないでしょうか?

津田沼クリニックモールにある歯医者「アーブル歯科クリニック」では、一人ひとりのお悩みをしっかり伺い、それを解決する「しっかり咬める入れ歯」をご提案します。
近年では、入れ歯の種類も豊富になりました。入れ歯についてのお悩みは、お気軽に当院にご相談ください。

合わない入れ歯を無理してつかっていませんか?

合わない入れ歯を無理してつかっていませんか?

合わない入れ歯をがまんして使い続けることは、いいことではありません。
歯科医院に相談し、自分に合うように調整してもらうか、新しい入れ歯をつくることをおすすめします。

合わない入れ歯をつかっていると……
  • 痛くない部分でばかり咬むようになり、顎の骨が部分的にやせて、入れ歯がますます合わなくなる
  • 負荷がかかっている部分に傷ができ、そこから細菌が侵入して、歯ぐきや顎の骨に病気が発生する
  • その結果、顎の骨が変形し、歯ぐきの状態も悪くなって、合う入れ歯がなくなってしまうなど

arrow down

お口に合った入れ歯をつくると……
  • しっかり咬めるようになり、食事が楽しくなる
  • 食事がきちんととれるようなり、健康な生活を送ることができる
  • 咬むことによす刺激が脳に伝わり、運動能力が向上することがある

合わない入れ歯は、「食べにくい」だけではすまないのです。
当院で、しっかり咬める入れ歯をつくりましょう。

当院が取り扱う入れ歯について

金属床義歯

金属床義歯

床部分が金属でつくられた入れ歯。
床を薄くすることができるため、装着の違和感が少なくなります。
また金属は温度を伝えやすく、熱さや冷たさを感じられて食事も楽しめるようになります。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯の内側に磁石を取りつけ、強力な磁力で固定させる入れ歯。
入れ歯が安定し、咬みやすくなります。

シリコン義歯

シリコン義歯

歯ぐきに当たる部分が、やわらかいシリコンでつくられた入れ歯。装着したときの痛みが軽減されます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

保険の部分入れ歯にある、金属のバネ(クラスプ)をなくした入れ歯。
代わりに、歯ぐきの色に似たピンク色のやわらかいシリコンを用いて固定するため、見た目が美しく、フィット感にもすぐれています。

入れ歯も、定期的にチェックすることが重要です

入れ歯も、定期的にチェックすることが重要です

歯ぐきや、残った歯の状態は日々少しずつ変化しており、入れ歯は徐々に合わなくなるもの。
入れ歯も、定期的にチェックすることが必要です。

入れ歯が合わなくなると、食べ物をしっかり咬むことができなくなります。
顎の関節に負担をかけることで顎関節症を招いたり、体のバランスを崩し健康に支障を来たしたりすることもあります。
食事を楽しみつつ健康を維持するために、入れ歯を定期的にチェックをして適切な調整をおこなうことで、よい状態を保っていきましょう。

page top

診療一覧

大人用の問診票ダウンロードはこちら

子ども用の問診票ダウンロードはこちら