銀歯を白くしたい【審美歯科】

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

セラミック治療
白い歯手に入れませんか?

[画像]セラミック治療で、白い歯を手に入れませんか?

むし歯治療による銀歯。気になって思いきり笑えなくて……とお悩みではありませんか?
実は銀歯は見た目が悪いだけではなく、金属アレルギーの原因になることもわかってきました。

津田沼クリニックモール内にある歯医者「アーブル歯科クリニック」の審美歯科では、銀歯を白いセラミック製のものに取り替える治療をおこなっています。
あなたも銀歯とサヨナラし、美しく安全な白い歯を手に入れませんか?

全ての方に安心して治療を受けていただくために・・・

当医院の治療はできる限り保険治療の範囲内で行っています 。
しかし、歯の保存が難しい場合や見た目を良くする治療は 特別な処置が必要になります そのため、保険が適用されず自費治療になる場合があります ご希望の方のみに自費治療を行っています お気軽にご相談下さい。

当院の取り扱い審美歯科素材と、その特徴について

オールセラミック(詰め物、被せ物)

オールセラミック(詰め物、被せ物)

全てセラミックで使用した美しい素材です。最も審美性が高く、今のあなたの歯にぴったりな色合いを再現することが可能です。

ジルコニアオールセラミック(詰め物、被せ物)

ジルコニアオールセラミック(詰め物、被せ物)

人工ダイヤモンドの材料にもつかわれる、ジルコニアを使用した美しい被せ物。従来のオールセラミッククラウンよりも強度が高く、ねじれなどの力にも強いことが特徴です。

ハイブリッド セラミック(詰め物、被せ物)

ハイブリッド セラミック(詰め物、被せ物)

セラミックと、歯科用レジンを混ぜあわせた素材です。レジンの安価さとセラミックの頑丈さを採り入れた素材ですが、上の2つに比べ審美性では劣ります。

ファイバーポスト

ファイバーポスト

歯の神経を取った後に、補強する目的で入れる土台です。グラスファイバーという歯とほぼ同じ強度と弾力性のある素材を使用します。ファイバーポストを使用することで歯の破損を防ぎやすく、被せ物の寿命を伸ばすことが可能になります。

白い歯にする前に、土台をつくるのが重要です~根管治療~

白い歯にする前に、土台をつくるのが重要です~根管治療~

歯の見た目がいくら美しくなっても、それを支える土台がしっかりしていなければ、その歯を長持ちしないかもしれません。
そこで白い歯を入れる前に、まずは「根管(こんかん)治療」を受けることが重要になります。

根管治療とは、むし歯が重度にまで進行して神経に達した場合に、歯の中をとおる根管という細い管の中から、むし歯菌に冒された神経や血管を取り除く治療。取り除いた後には、すき間ができないようきっちり薬剤を詰めます。

根管はとても複雑な形をしており、根管治療は難しい治療となります。
また、再発することがありますが、きちんと治療をおこなえば、その上に装着した歯も機能が長持ちします。
根管治療は、歯の健康を保つうえで、家を建てる際の基礎工事にたとえられるほど、とても重要な治療なのです。

白い歯を入れる前に……アーブル歯科クリニック「白い歯を入れる前に大切なこと」をご覧ください!

page top

診療一覧

大人用の問診票ダウンロードはこちら

子ども用の問診票ダウンロードはこちら