歯が抜けた・インプラントを入れたい【インプラント】

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

しっかり咬める歯取り戻したい
~インプラント治療~

[画像]しっかり咬める歯を取り戻したい~インプラント治療~

「入れ歯がズレて痛い」「しっかり咬めるようにしたい」とお悩みの方には、インプラント治療がおすすめです。
抜けてしまった歯の機能を回復させる治療には、従来なら入れ歯やブリッジがありましたが、近年では快適な咬み心地と美しい見た目が取り戻せるインプラントが人気です。

こちらでは、津田沼クリニックモールにある歯医者「アーブル歯科クリニック」がおこなうインプラント治療についてくわしくご紹介します。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

歯を失ってしまった後の顎の骨に、チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を装着して、歯の機能を回復させる治療。
入れ歯のようにずれたり、咬みにくさを感じたりすることがなく、他人から見ても人工歯とはわからない美しさが特徴です。

インプラントのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 見た目が自然で美しいため、治療したことがわからない
  • 天然歯とほぼ変わらない咬み心地が得られる
  • お手入れは、天然歯と同じでよい
  • ブリッジのように健康な歯を削ることはなく、まわりの歯や組織に負担をかけない
  • 入れ歯のように、咬むことで出る痛みなどがない
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 自費診療となるため、治療費が高額になる

インプラント治療の手順について

STEP1:検査・診断

STEP1:検査・診断

初めに問診をおこない、患者さんのお口の中の状態を、レントゲンや口腔内写真、またCTによる撮影などによって、くわしく調べます。

arrow_down

STEP2:データ分析

STEP2:データ分析

検査によって得られたデータを、専門のソフトを用いて分析します。
これによって、顎の骨の状態や神経の位置などまで把握することができます。

arrow_down

STEP3:シミュレーション

STEP3:シミュレーション

分析結果をもとに、PC上でインプラント手術のシミュレーションをおこないます。
これによって、インプラントを埋め込む位置や角度などを事前に把握できるため、精度の高い手術が可能になります。

arrow_down

STEP4:サージカルテンプレートの作製

STEP4:サージカルテンプレートの作製

インプラントを埋入する際に、正しい角度、深さを導くことができるサージカルテンプレート(インプラントの埋入位置・方向をガイドするもの)を作製します。

arrow_down

STEP5:インプラント埋入

STEP5:インプラント埋入

サージカルテンプレートを用いて、インプラントを埋入する手術をおこないます。

arrow_down

STEP6:人工歯の作製・装着

STEP6:人工歯の作製・装着

インプラントと人工歯の接続部分「アバットメント」と、上部の人工歯を作製し、装着します。
人工歯はセラミックを用いて、まわりの歯の白さに合わせてつくることができ、とても自然で美しい仕上がりになります。

インプラント手術の後に、注意していただきたいこと

インプラント手術を受けた後は、医師の指示に従って以下のことにご注意ください。

  • 手術の直後には鎮静剤を飲んでいただきます。
    その後も痛みがあれば、服用してください。
  • 抗生物質は、必ず最後まで飲み切るようにしてください。
うがい
  • 当日は、うがいをしないでください。
    出血を促進させたり、治癒を遅らせたりする原因になります。
出血
  • 出血が多いときは、清潔なガーゼなどを丸めて咬んでください。
    それでも止まらないほどの出血があれば、当院までご連絡をお願いします。
食事
  • 食事は麻酔が切れてから、治療をしていない箇所でやわらかいものを食べるようにしてください。
  • 熱い物や刺激物は控えてください。
腫れ・内出血
  • 人によって腫れや内出血のアザが出ることがあります。
    適度に冷やして様子を見てください。ただし、冷やしすぎは禁物です。
その他
  • 当日の入浴は、軽く流す程度か、シャワーだけに留めてください。
  • できれば2週間程度、飲酒・喫煙は控えてください。
  • 2~3日は、激しい運動は避けてください。
  • 手術した部分は、舌や指などでさわらないようにしてください。

page top

診療一覧

大人用の問診票ダウンロードはこちら

子ども用の問診票ダウンロードはこちら