歯並びが気になる【矯正歯科】

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

歯並びの乱れ、治したくはありませんか?

当院では、矯正治療の相談を無料で行っています。
「歯並びが気になる」「いくらかかるの?」といった疑問や不安をお持ちの方は、一度ご相談下さい。

歯並びの乱れ、治したくはありませんか?

出っ歯やすきっ歯、重なって生えている歯など、歯並びの乱れでお悩みの方は少なくありません。
乱れた歯並びの問題は見た目が気になるだけではなく、歯みがきがしにくいことからむし歯歯周病になりやすい、しっかり食べ物が咬めない、正しい発音ができないなど、さまざまなものがあります。

つまり歯並びを整える矯正治療は、心と体を健康にする治療といえます。
歯並びでお悩みの方は、津田沼クリニックモール内にある歯医者「アーブル歯科クリニック」で矯正治療を受けることを検討してみませんか?

よい歯並びと悪い歯並びの例

歯並びの「よい」「悪い」とは、どのようなものでしょうか。その例をご紹介します。

よい歯並びとは

よい歯並びとは、次の条件を満たすものだといわれています。

よい歯並びとは

【条件1】
上下の前歯の中心(正中線:せいちゅうせん)が、正しく合っている
【条件2】
上の歯列が下の歯列を、2~3mm程度覆っている。
【条件3】
上下の歯が、交互に咬み合っている。

あなたの歯並びは、どうなっていますか? 一度鏡を見てチェックしてみましょう。

悪い歯並びとは

悪い歯並びの代表的な例としては、以下のものが挙げられます。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
下顎前突
(かがくぜんとつ)
上下顎前突
(じょうげがくぜんとつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ) 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
上の前歯、または上顎全体が前に突き出ている状態。
日本人に多い、いわゆる「出っ歯」です。
下の前歯、下顎全体が前に突き出ている状態。
反対咬合(はんたいこうごう)とも呼ばれる、いわゆる「受け口」です。
上下の前歯が前に突き出ている状態。
うまく咬めないうえに口もとがとがっており、唇を自然に閉じることができません。
叢生
(そうせい)
開咬
(かいこう)
交叉咬合
(こうさこうごう)
叢生(そうせい) 開咬(かいこう) 交叉咬合(こうさこうごう)
歯が重なり合って生えている状態。
歯みがきがしにくく、虫や歯周病になりやすいのが問題です。
「八重歯」も叢生の一種です。
奥歯を咬み合わせても前歯が閉じない、逆に前歯を咬み合わせても奥歯が閉じない、といった状態。
食べ物が咬みにくく、いつも口を開けがちになります。
歯列の一部分の咬み合わせが逆になっている状態。
顔面が非対称になることもあります。
食べ物を強く咬む、歯を食いしばることなどができません。
過蓋咬合
(かがいこうごう)
空隙歯列
(くうげきしれつ)
 
過蓋咬合(かがいこうごう) 空隙歯列(くうげきしれつ)  
上の歯列が下の歯列を深く覆っている状態。
深く咬み込んでしまうため、歯がよく接触してすり減ってしまうことがあります。
歯と歯の間にすき間がある状態。
すき間から息がもれて、正しい発音ができないことがあります。
いわゆる「すきっ歯」です。
 

目立たない「マウスピース矯正」をおこなっています
~インビザライン~

目立たない「マウスピース矯正」をおこなっています~インビザライン~

「歯並びはキレイにしたいけど、目立つ矯正装置をつけるのに抵抗があって……」という方のために、当院では装置が目立たない、「インビザライン」というマウスピース矯正を採用しています。

取り外しができる透明のマウスピース型の装置を歯に装着して歯並びを整えていく矯正治療で、歯の移動に合わせて定期的にマウスピースを取り替えながら、正しい歯並びに導いていきます。
※症状によっては、適用できないケースもあります。

インビザラインのおもな特徴
特徴1
目立たない!
インビザラインのマウスピースは薄くて透明なため、装着していても一般の方にはわかりません。
人に気づかれずに矯正治療が受けられます。
特徴2
取り外せる!
一般的な矯正装置と違い、インビザラインは取り外しが可能。食事や歯みがきも、いつものとおりできます。
お口の中が衛生的に保てるため、一般的な装置のようにむし歯や歯周病のリスクが増すことがありません。
特徴3
通院回数が少ない!
インビザラインは、約2週間ごとにマウスピースを新しいものに交換します。
交換はご自宅でできるため、ご来院いただくのは、1~3ヶ月に1回程度。
通院回数が少なくて済むのも大きなメリットです。

このように、インビザラインにはメリットがたくさんあります。
人に知られずに矯正治療を受けたいという方は、一度当院にご相談ください。

当院取り扱いの矯正装置について

当院取り扱いの矯正装置について

当医院では全ての方に目立ちにくい白いブラケットを用いた矯正装置を使用しています。 ご希望の方にはさらに目立ちにくい審美装置もご用意しておりますので、お気軽にご相談下さい。

子どもと大人の矯正は何が違うの?

子どもと大人の矯正は何が違うの?

子どもと大人の矯正の違いは、顎が成長する前におこなうか、成長しきってからおこなうか、という点です。
子どもの場合、体の成長にともなって顎の大きさ自体を広げ、バランスを整えていくことができるため、歯を抜かずに治療ができるケースもあります。

一方、大人の矯正では顎が成長しきっているため、顎の骨に合わせて歯並びや咬み合わせを整えていきます。
そのため、どうしてもスペースが足りない際に抜歯を選択するケースも出てきますが、大人の場合はご自身で治療の必要性を認識して取り組んでいるため、効果的に治療を進められる点などがメリットです。

矯正治療は、年齢を問わずに受けられる治療です。
大人の方でも「今さら……」「もう遅いのでは?」ということはありませんので、一度当院にご相談ください。

page top

  • 広いキッズスペース完備webカメラでご家族の治療中も安心!
  • お口に入る水をきれいにする電解水
  • システム化した滅菌処理でお口に入る治療器具も安心
  • 安心と信頼の院内設備

アーブル歯科クリニックの診療内容

  • お子様を虫歯にさせないための生活習慣
  • 予防医学の最先端!バクテリアセラピー
  • あなたの虫歯予防意識が子どもの歯を守ります
  • 歯が痛い
  • 歯ぐきから血が出る
  • 子どもの歯が気になる
  • 銀歯を白くしたい
  • 天然歯を白くしたい
  • 歯が抜けた、インプラントを入れたい
  • 今の入れ歯が痛い
  • 歯並びが気になる
  • 親知らずが気になる

アーブル歯科クリニックのこだわりの治療

  • 子供のための歯科治療ガイド
  • 矯正治療無料相談
  • 白い歯にしたい方へ
  • 価格表・医療費控除・自費と保険の違いについて医療費控除
  • 初めての方へ・不安解消Q&A・患者さんの声
  • 抜歯の基準について
  • 白い歯を入れる前に根管治療が大切です。

アーブル歯科クリニックのブログ

DHマイライフ応援宣言

診療一覧

大人用の問診票ダウンロードはこちら

子ども用の問診票ダウンロードはこちら