天然歯を白くしたい【ホワイトニング】

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

歯の黄ばみ気になる方へ

[画像]歯の黄ばみが気になる方へ

「歯がだんだん黄色くなってきて……」と、着色が進んだ歯の色のことでお悩みではありませんか?
歯は、コーヒーや紅茶、カレーなどに含まれる強い色素や喫煙などによって着色したり、加齢によって黄ばみを増したりするもの。
多くの方が、歯の色で悩んでいるのです。

そういった方には、ホワイトニングをおすすめします。
ホワイトニングとは、薬剤をつかうことで歯を削らずに白くする処置のこと。
ホワイトニングをお考えの方は、津田沼クリニックモールにある歯医者「アーブル歯科クリニック」にご相談ください。あなたも白くさわやかな歯を取り戻しませんか?

3種類のホワイトニング

当院では、次の3種類のホワイトニングをご用意しています。

オフィスホワイトニング

歯科医院でおこなうホワイトニングです。
高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、その上から特殊な光を当てることによって、歯を白くします。効果があらわれるのが早く、結婚式やお見合い、また就職活動の面接前など、短期間で歯を白くしたい方におすすめです。

STEP1
歯ぐきの保護
STEP2
ホワイトニング剤の塗布
STEP3
光の照射
歯ぐきの保護 ホワイトニング剤の塗布 光の照射
ホームホワイトニング

ご自宅で、ご自身でおこなうホワイトニングです。
あらかじめ歯科医院で作製した個人専用のマウストレーに、低濃度のホワイトニング剤を入れ、毎日一定時間装着して歯を白くします。
効果があらわれるまでに日数が必要となりますが、白さが長続きする点がメリットです。

STEP1
マウストレーの作製
STEP2
ホワイトニング剤の注入
STEP3
装着
マウストレーの作製 ホワイトニング剤の注入 装着
デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用しておこなう方法です。
短時間で歯の白さ手に入れられ、なおかつ効果が長続きするという、両者のメリットを得ることができます。

STEP1
オフィスホワイトニング
STEP2
ホームホワイトニング1
STEP3
ホームホワイトニング2
オフィスホワイトニング ホームホワイトニング1 ホームホワイトニング2

ホワイトニングの流れ

【1】カウンセリング
まずご相談のうえ、患者さんのご希望の歯の白さと、処置方法を決定します。

arrow_down

【2】診察
むし歯歯周病がないかなど、お口の中を診察します。
→治療が必要な箇所があれば、先にホワイトニングの前に治療をおこないます。

arrow_down

【3】クリーニング
ホワイトニング剤の浸透効果を高めるために、専門的なクリーニングでお口の中をキレイにします。

arrow_down

【4】ホワイトニングの開始
患者さんに合った方法で、ホワイトニングを開始します。

arrow_down

【5】評価
歯が、ご希望の白さになったかどうかをチェックします。
→白くなっていなければ、再度ホワイトニングをおこないます。

arrow_down

【6】メインテナンス
ホワイトニング効果を長持ちさせるために、定期的にクリーニングをおこないます。

ホワイトニングの後に気をつけること

ホワイトニングの後に気をつけること

ホワイトニングをおこなうと、歯の表面を覆っているペリクルという皮膜が除去されます。
その後、この皮膜はだ液によって12~24時間をかけて再生されます。
再生される間は、歯は着色しやすい状態になっていますので、色素の強い飲食物、また酸性の食べ物の摂取は控えるようにしてください。

注意が必要な飲食物
飲み物 コーヒー、紅茶、赤ワイン、緑茶、コーラ、ジュース類など
食べ物 カレー、焼きそば、焼き肉、トマトソース系パスタ、味噌汁、
ぶどう・イチゴなどの果物、トマトなどの野菜、チョコレート、しょうゆなど
酸性の物 レモン、きゅうり、マヨネーズなど
オススメの飲食物
飲み物 水、牛乳、白ワインなど
食べ物 お米、パン、ポテト、鶏肉、白身魚、大根、しらす、ホワイトソースなど、
色が薄いまたは白い物

page top

診療一覧

大人用の問診票ダウンロードはこちら

子ども用の問診票ダウンロードはこちら