ブログ

2020.07.30

【重要】ウィルスから自分の身を守るために、『命の入り口』をキレイにしてください

日本歯科医師会から新型コロナウィルス感染予防対策が公表されまいした

 

 

新型コロナウィルスの発症や重症化を予防する対処方略の一つとして、歯と口の健康維持の重要性を解説したいと思います。

 

口腔清掃を怠ると口腔内細菌の毒性物質が上皮細胞を破壊します。

 

これが日本人の8割が罹患している歯周病の始まりです。

歯周病になると細菌や毒性物質が血管から全身に拡散します。

 

米国の報告では、歯磨き停止試験で56%の若者がエンドトキシン血症※を発症しました。

しかし、その後の口腔清掃により回復しています。

 

別の報告では、歯周病患者は食品を噛むだけで最大で40%がエンドトキシン血症を起こしました。

 

また、リンゴをかじるだけで血液培養で細菌が検出される病態である菌血症を発症する歯周病患者もいます。

 

歯科疾患が原因で菌血症やエンドトキシン血症を発症している人に新型コロナウイルスが感染すると免疫暴走(サイトカインストーム)の危険性が増加します。

 

新型コロナウイルス感染症の重症化に関わる細菌の毒性物質LPSが血液から検出される病態

 歯周病菌はスプーン、ペットボトル・ストロー・コップの飲み回し、箸、キスで唾液感染します

 

 

 

歯周病を放置し重症化してしまうと、歯周ポケットという深い溝ができてしまい、プラークや舌苔のように細菌の温床ができてしまいます。歯周ポケット形成の原因となる歯周病原細菌は、さまざまな分解酵素を持ち、それを口腔内にまき散らし、ウイルス感染を進めてしまうことも分かってきました。

 

歯周病菌は夫婦間・親子・子供同士で唾液感染しますが、歯科医院での口腔ケアで発症を抑えることができます。

 

また、唾液1mLあたり1億個の細菌が含まれていますので、唾液の誤嚥も肺炎(誤嚥性肺炎)に関係します。Covid-19の治療では抗生物質の投与も行われますが、副作用として腸管防御力が低下するのは避けられません。そのときに唾液の細菌が腸に定着すると腸管の変調による炎症拡大を招きます。

 

 以上をまとめると、歯と口の細菌や毒性物質は、循環器、呼吸器、消化器の3方向へ拡散し、ほぼすべての臓器に慢性炎症を起こします。平時ではそれが生活習慣病の危険因子ですが、緊急時では免疫暴走、細菌性肺炎あるいは敗血症(感染症による死亡につながる重大な臓器障害)の危険因子になります。そこで、国民の皆さまが歯と口の健康維持の重要性を理解し、菌血症とエンドトキシン血症を予防して、新型コロナウイルスの感染に備えることが大切です。

 

歯科医院での口腔ケアで免疫力をアップさせる方法

 

人の免疫は、害を与える微生物などに対して働き、病気を軽く済ませてくれたり、発症を未然に防いでくれたりします。

 

この病気の発症は、微生物の悪さをする力と免疫力のバランスが崩れた時に生じます

 

このバランスを免疫力優位にしておく必要があります。その方法の1つが、口腔ケアです。口の中には、細菌が沢山いるのをご存知ですか? 

 

常在細菌といって、体を守る働きを示すものもありますが、悪さをする細菌もいます。

 

この悪さをする細菌やウイルスを減らすことが大切です。

 

細菌の塊であるプラークは、歯磨きをしないと落とすことはできません。

 

口の中には、もう1つ細菌の塊があります。それは舌の表面についた舌苔です。

 

これらの細菌を口腔ケアにより減らすことで、口腔の免疫が十分に働くことができるようになるのです。

 

口腔の免疫は、IgA(※)という抗体が働き、害を及ぼす微生物を排除してくれる粘膜免疫というシステムで実行されています。しかし、このIgAも口の中が汚れていれば、敵が多すぎて、防衛が難しくなってしまうのです

 

 

 

(日本歯科医師会HPより引用)

https://www.jda.or.jp/corona/Tooth-and-mouth-health.html

 

 

このような方は口腔内細菌が多く、ウィルスが粘膜に侵入しやすい可能性があるかもしれません

 

・普段、しっかりと歯ブラシをしない方(1日1回程度、細かく磨かないなど)

・歯石が付着したまま何年も歯のクリーニングをしていない方

・痛みがないからといって虫歯の治療途中で放置している方

・歯の溝が黒いと言われているのに虫歯治療せず放置している方

・何回治療しても虫歯の再発を繰り返す方

 

 

ウィルスと戦う免疫の正体とは?

免疫とは体内に侵入したウィルスや細菌と戦う防御システムのことです。

そして実際にウィルスと戦うのが免疫細胞です。

ところでこの免疫細胞はどこにいるのでしょうか。

 

実は、7割が腸にいます。

つまり免疫力を高めるためには、より良い腸内環境にすることが大切です。免疫細胞は腸から血液に乗って体中を巡り、ウィルスなどの外敵から私たちを守ってくれます。

 

 

新型コロナウィルス感染予防するためには、普段から気をつけていることも大切ですが、ワクチンがないため、自分の免疫力に頼るしかありません。

 

どうすれば腸内環境がよくなる?

 

人間の腸には1000種類以上、100兆個の細菌がいます。この腸内バランスが悪くなると免疫力にも影響していきます。

 

日本歯科医師会から歯周病菌が、新型コロナウィルス重症化の危険因子と公表がありました。

 

命の入り口の専門家であるアーブル歯科クリニック流の虫歯菌・歯周病菌を除菌しながら腸内環境を改善し免疫力をアップさせる方法をご提案していきます

 

 

世界100ヶ国の医療機関で使用しているロイテリサプリを使用したバクテリアセラピー

 

バクテリアセラピーは、予防医学の先進国のスウェーデンで開発された最先端の予防医学技術です。

優れた善玉菌を摂取することで体内の菌のバランスを整え、体質を変えていく細菌療法のことを言います。世界100カ国と地域の医療機関に導入されています。

元々ヒトの体内に住んでいる善玉菌を摂取するため、副作用など人体に害を与えることがなく、新生児から高齢者の方までカラダに優しく安全が確立された予防方法です。

通常の歯科治療やメンテナンスに加え、母乳由来の乳酸菌であるロイテリ菌を摂取していただくだけで、口腔内の病原菌の減少、胃や腸内環境の改善、授乳中では母乳の質の改善も認められいます

 

ロイテリ菌とは?

ロイテリ菌は、ヒト母乳・口腔由来の乳酸菌。新生児の消化管に最初に定着する乳酸菌です。

赤ちゃんの体の中に最初に入るものは母乳です。赤ちゃんは生まれて瞬間にお母さんの母乳中からロイテリ菌を摂取しています。

しかし、ロイテリ菌は健康的な生活習慣により多く検出されるヒトもいれば、ファーストフードを好むような人からは検出が少ないことがわかっています。

 

 

ロイテリ菌は、消化酵素や胃酸への耐性があり、優れて定着性があります。WHO/FAOが定めるプロバイオディクスとして望ましいすべての特性を兼ね備えています。

 

ノーベル医学・生理学賞の審査本部のあるカロリンスカ医科大学で20年以上も研究されている乳酸菌で、世界的なプロバイオディクス企業であるバイオガイア社が産学連携しています。

 

世界100ヶ国の地域と歯科や、小児科、産婦人科などの医療機関で採用され、アメリカ食品医薬局からも、安全を認証する「GRAS」を取得しています。

 

 

バクテリアセラピーの世界

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界が認めたロイテリ菌の効果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんにも効果的なロイテリ菌

 

 

スウェーデンのバイオガイア社CEOのピーター・ロスチャイルド氏に指導して頂き
バクテリアセラピスト常駐歯科医院として認定されました。
当院のスタッフは、ロイテリ菌を使用し、ご家族の虫歯菌や歯周病菌を除菌できる予防方法をご提案しています。

 

 

 

ロイテリ菌の効果

 

むし歯の原因菌を減少させる

2週間連続で摂取することで、むし歯の原因菌を約80%も減少させます。

 

歯周病の原因菌を減少させる

歯周病菌は約90%減少します。歯科医院での専門ケアと組み合わせることで効果があります。

 

口臭を減少させる

1週間ほど摂取することで、歯周病菌か起床時のお口のネバネバ(不快感)などを軽減し、口臭が気にならなくなります。

 

便秘・下痢の症状を整える

便の量が増えた、便の臭いが減ったなどの効果が実感できます。

 

胃のピロリ菌を減少させる

30日摂取すると胃炎の症状が軽減し、約60%の方のピロリ菌が消滅します。

 

アレルギー症状を軽減させる

アトピー性皮膚炎の方の湿疹表面積やかゆみ、花粉症の症状が軽減します。1年で約57%湿疹面積が減少します。

 

妊娠中や授乳中の方
歯周病菌の殺菌・抑制

歯周病菌は低体重児や早産のリスクを高めるため妊娠中は歯周病菌の殺菌が重要です。
また歯周病菌は夫婦間で唾液感染するため、新しい命を守るために夫婦で歯周病菌を殺菌しましょう。

母乳の乳質を改善

母乳に含まれるアレルギー発生物質を低減し、新生児の免疫効果を高めます。

おなかや産道の菌質

生まれてくる赤ちゃんへの最初のプレゼントは、お母さんの産道内の善玉菌です。
産道内の菌質を良好な状態に改善します。

 

ご高齢の方

虫歯菌や歯周病菌が減少するため、口腔内細菌が原因の誤嚥性肺炎予防になります。
手が不自由になりブラッシングをしっかりできない方は口内菌の改善に最適です。
※飲み込む力が弱い方はリキッドタイプがお勧めです。

 

 

ロイテリサプリメントの摂取方法

ロイテリサプリメント

  • 歯ブラシが終わった後の就寝前に1回1錠をゆっくり舐めながらお召し上がりください
  • 摂取後は、水分補給程度の飲用は問題ありませんが、食事は控えた方がロイテリ菌の効果が口腔内にとどめるため、効果的です。
  • 1か月以上続けて摂取すると効果的です。
  • 乳製品を毎日摂取する生活習慣と同じように習慣にすることで、口内菌や体質改善につながります。
  • 費用的に負担がかかる場合は、1ヶ月続けた後は、2.3日に1粒の摂取で効果が持続しやくすなります。
  • 朝、歯ブラシをする時間がない方は、軽く歯ブラシをした後に1粒摂取すると、口内菌の増殖を抑制し、口臭予防になります。
  • 朝の準備で時間のないお子様に1粒摂取させるのも口内菌の増殖抑制に効果的です。
  • ロイテリ菌を継続して摂取すると一時期的にお腹が緩くなることがあります。
    副作用ではなく、腸内活動が正常になっているため継続すると腸内フローラが改善し便通が良くなります。

※ロイテリサプリの購入だけもおこなっています。

 

 

ProDentis 
プロデンティス30錠(ミント味) タブレットタイプ

朝や歯ブラシが終わった後の就寝後 、1日1錠以上を目安にゆっくり舐めながらお召し上がりください。
1錠に2億のロイテリ菌が含まれています。

価格がお求めやすくなりました

30日分  料金:3000円→2700円(税込)

1日90円
まずは1粒お試し 料金: 100円(税込)

Child Health  
チャイルドヘルス30錠(ストロベリー味) タブレットタイプ

※タブレットタイプのため奥歯が生えてきた2歳くらいから摂取可能

朝や歯ブラシが終わった後の就寝後、1日1錠以上を目安に、ゆっくり舐めながらお召し上がりください。
1錠に2億のロイテリ菌が含まれています。

価格がお求めやすくなりました

30日分  料金:3000円→2700円(税込)

1日90円
まずは1粒お試し 料金: 100円(税込)

Child Health  
チャイルドヘルス 液体タイプ(無味)

※生後0日から摂取可能
※タブレットを摂取できないお子様やご高齢の方はブラシに5滴垂らしてブラッシングすると効果的です

飲ませやすい液体タイプ

1回当たり5滴以上を目安に摂取しててください。
5滴に2億のロイテリ菌含が含まれています。

料金:5000円(税込)

2本目から 料金:4,500円(税込)

 

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科