小児歯科

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

保育園・幼稚園・学校の歯科検診の後は虫歯予防のフッ素塗布が大切です♫

2018/10/24

保育園・幼稚園・学校の歯科検診の後は

虫歯予防のフッ素塗布で虫歯予防しよう!

 

 

 

 

 

アーブル歯科クリニック院長の田中です

・私立アスクかなでのもり第二保育園 嘱託医

・ブレーメン津田沼保育園 嘱託医

・習志野市立谷津小学校 学校歯科医

 

 

 

保育園と小学校のお子さんの歯科検診を担当しています

子供の歯をたくさん見ている歯医者さんです

 

 

 当院はこんな歯医者さんです ♩

痛みを感じない優しい虫歯治療を心がけています

・治療するハンドピースは使い回ししていません

・虫歯菌の除菌治療をしています

・家族全員の虫歯ゼロを目指しています

・家族全員が定期検診で虫歯予防することを提案しています

・お子さんは歯医者さんが怖くないように楽しく予防できるように工夫しています

・ブラッシング指導する歯ブラシは全て新品を使用し使い回ししていません

歯を削らない人生を送るということが、ご家族の幸せに繋がると考えています

・虫歯になる原因が唾液感染する虫歯菌ということを理解し、正しい虫歯予防方法を実践

 してもらいます。また、ご自宅でできる虫歯菌殺菌方法をご提案しています

 

虫歯ができるまで

 

 

①唾液中に存在する虫歯菌が食物中の砂糖の『糖』を栄養 にしてネバネバした物質を出します。

歯の表面にネバネバ物質が、たくさんあるため虫歯菌が付着しやすくなります。このネバネバ物質が多いと市販 の歯磨き粉や洗口液ではなかなか取り除けないため、磨き残しが多くなってしまいます

 

②集まった虫歯菌は歯の表面に強く付着し、プラークという細菌の塊を作ります。

このプラークが固まったものが歯石です歯石は唾液中の病原菌の塊のことです。

 

 

③虫歯菌が集まるとさらに『糖』を栄養にして、歯を溶かす『酸』を出します

 

 

④『酸』により歯が溶けた状態が虫歯です

虫歯は、自分の唾液中の虫歯菌により歯が溶けてしまったことを言います。

 

 

 

・虫歯は日本人の9割が経験すると言われている歯が溶ける病気です

・1歳半~3歳までに唾液感染し、定着することがわかっています(感染の窓と言われている時期)

・ヒトの口腔内細菌は3歳で成人と同じ口腔内細菌数になります

・3歳までに口腔内細菌に虫歯菌の割合が多いと生涯、虫歯になりやすい環境が続くことがわかっています

・3歳までに虫歯菌の定着が少ないと、生涯、虫歯になりにくいことがわかっています

・アーブル歯科は家族の虫歯菌の除菌方法を提案できる歯医者さんです

 

子供を虫歯にさせないように保護者も虫歯予防が必ず必要です

なぜかというと・・・

虫歯菌は唾液感染するからです!

 

 

虫歯菌は、乳歯が放出した後で唾液感染すると定着することがわかっています。

子供だけ虫歯予防していても感染率を下げることができますが、一番重要なのは、保護者が専門的な口腔ケアを行うことが子供に虫歯菌の感染を防ぐ方法と言われています。

 図1は、スウェーデンのイエテボリ大学で研究した虫歯菌の感染防止実験です。①虫歯菌を減少させた

母親の対照群②何もしなかった母親の対照群を比較したものです。

②の群は虫歯菌の感染率は1歳で約20%2歳で約50%3歳で約70%。母親が専門的な口腔

ケアを受けた①の群の子供は1歳で約0%2歳で約10%3歳で約30%の感染率でした。

母親が専門的口腔ケアを受けていれば4歳以降は、虫歯菌の感染率はあまり増加していません

母親(保護者)が虫歯菌の除菌を行い唾液感染防止処置を行うと、子供の感染率が大幅に減少するだけでなく虫歯有病率と虫歯経験者も有意に減少します。

 図2は虫歯を有病者の年次推移です。15歳までは、1993年と現在を比べると大幅に虫歯有病率が減少していますが、5歳の時と比べると徐々に増えています。30~40代では、虫歯有病率がほぼ100%に増え過去とほとんど変わっていません。それ以降は過去と比べると虫歯有病者が増え続けています

 

 

 

 

 図3は別の統計データですが、子育て世代の30~40代の定期検診受診率の低さが、子供に虫歯菌を

感染させている可能性があることが関係しているといえるでしょう。

 

 

このことから保護者は虫歯菌を除菌してくれる歯科医院を選択し、専門的口腔ケアを受ける必要があります

 

 

※除菌とは唾液中の病原菌を殺菌治療することで、歯のクリーニングとは別の方法です。

歯のクリーニングは歯の表面しか綺麗にしていないため唾液中の病原菌はほとんど殺菌されていません

 

 

みなさんは手を綺麗にする時は洗ってアルコールなどで除菌しますよね

それはなぜかというとばい菌がお腹に入らないようにするためですよね

生活の中で予防するという習慣がすでにあります

みなさんとってもきれい好きなんです!

 

でも・・・

お口の中はどうですか

虫歯菌を殺菌しましたか

アーブル歯科クリニックは

虫歯菌の除菌方法を2種類ご提案しています

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.arbre-dc.com/treatment/bacteria/

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.arbre-dc.com/blog/虫歯菌・歯周病菌を殺菌できるポイックウォータ/

 

 

 

 

虫歯治療や歯のクリーニング、矯正無料相談のご予約は

お電話か24時間ネット予約をご利用ください

JR津田沼駅南口より徒歩5分

南口から見えるユザワヤ方面に歩き奏の杜フォルテのある交差点を右に曲がります
まっすぐ進み1階にある薬局のくすりの福太郎、スポーツクラブエグザス奏の杜が目印です
津田沼クリニックモール2Fに当医院がございます
くすりの福太郎尾髙内科胃腸クリニック(内科・消化器内科・内視鏡内科)・奏の杜さとう小児科(小児科・アレルギー科・小児循環器内科・予防接種・乳幼児健診・津田沼すぎむらクリニック(腎泌尿器科・産婦人科・皮膚科)・アーブル歯科クリニック(歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・審美歯科)・エグザス奏の杜

ご予約はいつでもどこでもスマホで24時間ネット予約をご利用いただけます

 

 

ご家族皆様でお気軽にご来院下さい♫

カテゴリー

診療一覧

大人用の問診票ダウンロードはこちら

子ども用の問診票ダウンロードはこちら