ブログ

2021.11.25

永久歯の生え始めの目安

 

 

永久歯の生え始めの目安の表です

永久歯の萌出は上記の表より半年〜1年程度の差があります

 

よくある質問に、

・6〜7歳頃、周りの友達は歯が抜けているのにうちの子供は歯が抜けていない

・歯が抜けたけど生えてこない

・歯が抜ける前に変なところから歯が生えてきた

 

とご来院時に多く質問されます

 

 

・6〜7歳頃、周りの友達は歯が抜けているのにうちの子供は歯が抜けていない

放出には多少、個人差があるので、乳歯が抜けないお子さんはいませんので

心配な方は、大きなレントゲンを撮影して、顎の骨の内部にある永久歯がどのくらいの位置にあるのか検査します

(全く痛みはありませんので安心してください)

 

・歯が抜けたけど生えてこない

たまに早く乳歯の根が吸収してきて、抜けてしまった場合があります

その場合は、永久歯がまだ顎の骨の中にあるため生えてくるまで待ちましょう

まれに、永久歯の生えるスペースがないと顎の骨の中で隣の歯とぶつかって

なかなか、生えてこない場合があります

どのようになっているか診断しますので

心配な方は、大きなレントゲンを撮影して、顎の骨の内部にある永久歯がどのくらいの位置にあるのか検査します

 

・歯が抜ける前に変なところから歯が生えてきた

 

このように変なところから歯が生えてくる場合があります

 

 

乳歯は歯茎にくっついて抜けないことがありますので

永久歯の歯並びをよくするために抜歯します

(表面だけ痺れさせる程度ですので痛みはありません)

 

 

 

1ヶ月程度でずれて生えてきた永久歯は正しい位置に戻るようになります

 

 

歯は舌の内側からの力と唇や頬からの外側からの力のバランスにより正しい位置に並ぶように生えてきます

そのバランスが崩れると顎の成長が遅くなりそ歯並びが悪くなったりします

永久歯がある程度生えて、歯並びが気になるようであれば早い段階から小児矯正を行い、綺麗な歯並びになるように誘導していきます

 

歯列不正になりそうなお子さんには当院の『こども歯並び予防外来』で

永久歯の歯列不正を未然に防ぐプレオルソマウスピース矯正を行って頂きます

 

 

 

 

プレオルソは「咬みあわせ」と「歯ならび」を改善すると同時に、「口呼吸から鼻呼吸へ」改善していきます。プレオルソは舌を正しい位置に改善するための訓練装置です。ワイヤーを使う本格矯正治療と違い口腔周囲の筋肉のバランスを整えて自然な力で綺麗な歯並びを誘導することを目的とします。

 

プレオルソマウスピース矯正は

5〜10歳限定となります

 

なぜ5〜10歳限定なのかというと

顎の幅を広げやすい成長期が5〜10歳だからです

 

 

4歳くらいでプレオルソマウスピース矯正を早く始めたいというご家族がいますが

マウスピースはお口に入れるため、お子様には少し頑張ってもらわないといけません

 

そのため、精神年齢やお子様の性格を考えないと装着が難しくなります

 

6歳くらいのお子様でも少しやんちゃだと、プレオルソマウスピースを装着してくれないため、

装着できる年齢として5〜10歳限定となっています

 

しかし、10歳を過ぎた場合でも、プレオルソは可能です

その適応として、

わずかな歯列不正の場合、

本格矯正(高額な矯正治療)をする希望がない場合、

となります

 

実際は、お口の中をチェックしてみないとわからないため

歯並びが気になる方は当院の矯正無料相談をご利用ください

(お電話かWEB予約でご予約を承っています)

 

 

 

 

プレオルソはどのようなマウスピースなの?

 

 

 

 

 

プレオルソはこのような歯並びに適しています

 

 

 

 

 

プレオルソはこのようなマウスピースでできています。柔らかくてお口に入れても痛くないのが特徴です

 

 

お口に入れたところ

 

 

 

 

 

小児の大切な時期にこそプレオルソが必要です

 

永久歯に生え変わってからでは、全ての歯にギラギラした装置をつけるいわゆる「本格矯正」になります

が、この治療法であれば小児(5才~10才)の骨の軟らかい時期に使うことで、非常に大きな効果が期待できます。

(年齢や歯並びの状態によりプレオルソよりも本格矯正の方が適切な場合もあります。まずは矯正相談にご来院下さい。)

 

顎の成長がほとんど止まってしまった12歳〜大人には効果はありません

歯並びが悪くなりそうな5、6歳頃からマウスピース矯正治療すると効果が出やすくなります。

 

 

柔らかいマウスピースタイプなのでお子様が嫌がりません

 

マウスピース式は痛みがほとんどありません。装着時間は就寝時と家にいる時のみです。また、食事の時に装置をはずせるので、虫歯の心配がありません。学校に持っていく必要がないためお子様の負担が少なくなっています。

 

気になる費用ですがプレオルソは本格矯正とは違い治療費の負担が少なくなっています

 

プレオルソは既製品のマウスピースを使います。型取りをしてオーダーメイドで装置を制作するのではなく、歯列やお子様のお口の大きさにあったサイズが揃っているため費用的な負担が少なくなっています。

この治療法のために開発した新素材のマウスピースを使用するので、個々の口腔内への調整がしやすく、治療効率が良いためです。

 

 

ご両親が気にされている『お口ポカン』による口呼吸を鼻呼吸に改善します

 

口呼吸になってしまうのは、歯並びが悪く口が閉じれないのもありますが口周辺の筋肉の力が弱く口が閉じれないのもあります。

「プレオルソ」は「咬み合わせ」と「歯ならび」を改善すると同時に機能的な側面である口腔周囲の筋肉のバランスを正常な状態に改善する効果があります。

 

 

装置を使うのはどのくらいですか

 

家に帰ってから起きている間と寝る時に使います。学校に持っていく必要はありません

最初は慣れるところからスタートし、徐々に装着している時間を長くしていきます。最初からできるお子様はいません。それはなぜかというと今まで使っていない口腔周囲の筋肉を動かすことに慣れていないからです。装着しているうちに本来使うべき舌の動きや口や頬の筋肉の動きができるようになります。

 

 

 

 

 

 

小児矯正専用ホームページはこちらから

https://www.arbre-dc.net/kidsortho/

 

 

成人矯正専用ホームページはこちらから

https://www.arbre-dc.net/

 

 

 

 

津田沼クリニックモール2F 

尾髙内科・胃腸クリニック/奏の杜さとう小児科/津田沼すぎむらクリニック併設

薬の福太郎・エグザス奏の杜が目印

 

 

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科