歯石取り・着色取り(歯周病治療)

歯石取り・着色取り(歯周病治療)

歯石取り・着色取り(歯周病治療)歯周病は、歯垢(プラーク)が原因で起こる歯周組織の病気です。歯垢とは、食べかすや歯についた垢(あか)ではなく、細菌の塊です。わずか1mg中に数億もの細菌が棲み着いていると言われており、その中の歯周病原菌が排出する毒素が歯肉に炎症を起こさせます。しばらくすると、歯垢が唾液中のミネラルと結合して硬くなり、歯石になります。歯石は歯と歯肉の隙間の歯周ポケット内に溜まり、歯肉を刺激し、やがて歯を支えている骨(歯槽骨)まで溶かし始めます。重度の歯周病になると歯がグラグラするようになるのはこのためで、歯を失う原因はむし歯よりも歯周病の方が多いと言われています。

一度溶けてしまった骨は二度と元には戻りません。 歯周病が悪化する前に予防・治療を心がけましょう。
歯石を取ることや着色を取る治療ができますのでまずは気になったらご相談ください。

歯周病治療の流れ

歯石が付着して歯茎が腫れた状態です。
歯ブラシでは取り切れない歯石が付着しています。

スケーラーと呼ばれる器具で歯石を除去していきます。
歯肉の上に付着した目で見える部分の歯石をスケーラーで除去していきます。

毎日しっかりと歯みがきを行い、歯茎の改善を待ちます。

歯肉の炎症が改善されているかを検査します。
歯肉が健康に回復していれば歯周病治療は終了です。
まだ歯肉に炎症が起きている部分には、次の歯周病治療に進みます。

歯肉の下にも歯石が付着している部分があります。

歯肉の下に隠れた歯石を除去し、歯根の表面をなめらかに仕上げます。
症状によっては麻酔をする場合があります。

毎日しっかりと歯みがきを行い、歯茎の改善を待ちます。
炎症が治まると以前より歯茎が下がったように見えますが、歯茎が引き締まって回復した状態です。

歯肉の炎症が改善されているかを検査します。
健康に回復していれば歯周病治療は終了です。
さらに歯肉の炎症がみられる部分には、歯周外科処置が必要になります。

歯周病の進行と治療について

歯周炎

歯周炎歯周炎の初期段階は、歯肉が赤く腫れ、歯みがきをする時に歯茎から出血します。歯垢や歯石を除去するためにスケーリングを行います。

軽度歯周炎

軽度歯周炎歯肉の腫れに加えて歯がグラつき始めます。歯周ポケットの深さが健康時は約2mmなのに対し、1mm程度深くなります。必要であればスケーリングに加えてルートプレーニングを行います。

中等度歯周炎

中等度歯周炎歯のグラつきが増し、硬いものがしっかり噛みにくくなるのが中等度の歯周炎です。歯周ポケットの深さも、軽度と比べてさらに2〜3mm程度深くなります。必要であればスケーリングやルートプレーニングに加えて歯肉を切開し、歯垢や歯石を徹底的に取り除きます。

重度歯周炎

重度歯周炎アゴの骨が溶けて最終的には歯が抜け落ちてしまうのが重度の歯周炎です。歯周ポケットの深さは7mm以上になり、アゴの骨を再生する治療が必要になります。

歯周病について

歯周病は歯を失う原因第1位の怖い病気です

歯周病は細菌の感染によって引きこる病気で、実はむし歯よりも「歯を失う原因」として多くの割合を占めています。別名「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも呼ばれています。こう呼ばれることには理由があり、痛みがないまま歯周組織(歯肉や歯槽骨など)を破壊し、気がついた時には重症化して抜歯しか選択肢が残されていない状態になってしまうことも少なくないためです。
普段のご自宅でのケアはもちろんですが、歯科医院での定期検診でお口の中のチェックとプロによるケアを受け、歯周病の早期発見・治療を心がけましょう。

歯周病は身体の健康とも深い関係が

歯周病は身体の健康とも深い関係が歯周病菌はお口の中から血流にのって全身をめぐり、全身疾患(糖尿病・動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞・早産など)を引き起こす可能性があります。歯周病をたかがお口の病気と軽く考えて放置してしまうと、健康寿命を短くしてしまう恐れもあるのです。
また、歯周病のみに限らず、全ての歯を失った人は抑うつになるリスクが高まるとも言われています。食事は生きる上で大きな楽しみであるため、その楽しみが損なわれることは心身の健康に大きな影響を与えます。
心も身体も健康でい続けるためには、お口の健康維持はとても重要なことです。

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科