根管治療

根管治療(歯の神経・根の治療)

根管治療(歯の神経・根の治療)むし歯が進行すると、細菌が歯髄(歯の神経や血管が集まっているところ)を侵食し、激しい痛みや腫れを引き起こします。
そのまま放置してしまうと、最終的には抜歯をしなくてはならなくなるため、「根管治療」が必要になります。

根管治療とは

根管治療とはむし歯が歯髄にまで進行(C3以上)したり、歯根が病気になった場合に行う治療方法です。細菌に感染してしまった歯や神経を徹底的に除去・殺菌し、症状が重症化している場合は外科的処置も行います。

根管治療には根気が必要です

歯の根っこは人によってそれぞれ形が異なり、とても複雑な構造をしているため、細菌を完全に除去するのは非常に難しい処置になります。細菌が残った状態で詰め物や被せ物をしてしまうと、根っこの中で細菌が増殖して後から悪化してしまうケースもあるため(最悪の場合は抜歯)、根管治療はじっくりと時間をかけて丁寧に治療を行うことが重要です。

1根管治療

根管治療細菌に感染した歯髄やボロボロになった象牙質、溜まった膿などを除去し、消毒・清掃を行います。

通院1〜4回
この時点で痛みは治まります。

2根管充填

根管充填清掃・消毒した歯根管に薬剤を詰めて密封することで周囲への細菌の感染を防ぎ、歯の機能を維持します。

通院1回
細菌が再び侵入しないよう密封します。

3補綴治療

土台となる柱をつくり、被せ物(クラウン)を装着します。
噛み合わせに問題がなければ治療完了です。

通院2〜3回
被せ物に使用する素材はご相談ください。

4定期検診

定期検診根管治療を行った歯がしっかりと機能しているか、再発していないか、などを定期的にチェックします。
通院3ヶ月〜半年に1回
根管治療は治療後が肝心です。

根管治療は、細心の注意と労力、多くの時間が必要になりますが、大切な歯を1本でも多く残すために根気よく最後まで通院してください。

歯を失わないために

歯を失わないために根管治療は歯の根っこの中にある管の治療のことで、歯内療法とも呼ばれています。
歯の根っこの中には、神経や血管が入っている非常に細い管(根管)があり、むし歯を放置すると根管内が細菌に感染し、激しい痛みや違和感を感じるようになります。
ここまでくると、根管内をきれいに掃除して汚染された部分を除去する必要があります。
根管はとても細かく複雑な構造になっているため、治療の難易度が高く、高度な技術を必要とします。万が一、根管内に細菌が残ったまま治療を終えてしまうと、再治療となってしまいます。
アーブル歯科クリニックでは、充実した設備と専門技術で根管治療を行います。どうぞ安心してお任せください。
根管(歯の根)は、いわば歯を支えるための基礎、土台となる部分です。建物に例えると、どれほど立派な建物でも土台がしっかりしていなければ、いずれ倒壊してしまう可能性があります。
これは歯も同様で、土台にあたる歯根がしっかりしていないと、どれだけ立派な被せ物を作製してもすぐに壊れたり外れたりしてしまいます。歯を失わないためには、まずはしっかりと土台を整えることが重要です。

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科