お子さんをむし歯にさせないための予防歯科【小児歯科】

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

お子さんお口 やかな成長サポート

[画像]お子さんのお口の健やかな成長をサポート

「歯みがきを嫌がるし、乳歯ならむし歯になっても……」と、お子さんのお口をケアする意識が甘くなっていませんか? 乳歯はいずれ永久歯に生え替わりますが、だからといってむし歯になっていいものではありません。 乳歯にむし歯があると、永久歯への生え替わりにも悪影響を与えることがわかっているのです。 大切なのは、小さなころから正しいケアを習慣化することです。 また歯科医院で定期検診を受けてむし歯のチェックを受け、生え替わりなどによるお口の変化を見守っていくこと。こういうことをしてあげられるのは、ご家族しかいません。 大切なお子さんのために、小さなころからの予防習慣を始めましょう。 津田沼クリニックモールにある歯医者「アーブル歯科クリニック」では、小さなお子さんの予防歯科に関するご相談を承っております。

  • 歯医者嫌いにならないようにどうしたらいいの
  • いつから歯医者に通えばいいの
  • お子さんの歯みがきの仕方
  • 上手なおやつタイムの作り方

歯医者嫌いにならないようにどうしたらいいの

歯医者嫌いにならないようにどうしたらいいの

幼少期に抱いたイメージというのは後々まで残るものです。特に、痛い思いや怖い思いをすると、大人になったときに頭で理解できているのに、なかなか歯科医院へ足が向かずに治療が遅れ、歯を失う原因になってしまうことがあります。 お子さんが将来自分の判断で歯科医院を受診できるようになるためには、小さなころからの習慣や歯医者へのイメージが大切になってきます。

まずは歯医者さんに慣れてもらいたいから

まずは歯医者さんに慣れてもらいたいから

初めての歯医者さんに行くとき、お子さんはどうしても緊張するものです。そこで当院では、まず歯医者の雰囲気に慣れてもらうことが大切だと考えています。そのために診察ユニットでは、初めに治療に使う機会について説明をしています。「お水が出てバイキンを洗い流すよ」「これはお水を吸う掃除機だよ」などと1つひとつ細かく説明しながら診てもらうと、お子さんの治療への恐怖心も少しずつ和らげることができます。

保護者の方へお願いです

歯医者さんについて嫌なイメージを抱かせることがないよう、お子さんと接する時に気をつけていただきたいことがあります。

子どもを叱るときに「悪い子は歯医者さんに連れて行く」「歯医者は怖い・痛い」といった脅し文句を使ったり、歯医者さんという言葉を罰として使ったりしないようにして下さい。
初めて当院へお連れいただく際には、「歯みがきの上手な先生に見てもらおう」「お姉さんがお口をきれいにしてくれるよ」など、よいイメージの言葉を使って事前にお子さまに伝えておいてください。
予告もなく連れてきたり、ウソをついて連れてきたりしないで数日前から歯医者に行くことを伝え、心の準備をしてあげてください。
親御さんが緊張したり不安なそぶりをしたりしないでください。親御さんの緊張感はお子さんに伝わり不安にさせてしまいます。また、治療中に「痛くない?」と聞かないでください。お子さんは一生懸命頑張っていますので、痛いという言葉で不安に思ってしまいます。
上手に治療ができたらいっぱい褒めてあげてください。褒めてもらえるとまた次も頑張るぞとお子さんの自身がついてきます。

いつから歯医者に通えばいいの

いつから歯医者に通えばいいの

乳歯が生えてきたら一度お越しください。虫歯との戦いは、乳歯が生え始めたところから始まります。赤ちゃんのお口の中を触るのは問題ありませんが、母乳の残りカスがお口に残っていると虫歯になりやすいため注意が必要です。 ぬるま湯に浸したガーゼや乳幼児用歯ブラシで汚れをやさしく取り除いてあげましょう。赤ちゃんの口腔内のケアについてもアドバイスいたしますので、乳歯が生えてきたら、まずは一度お口の状態をチェックするためにご来院ください。

お子さんの歯みがきの仕方

お子さんの歯みがきはいつから始めたらいいのか、どんなふうにしたらいいのかなどをご紹介します。

開始時期 赤ちゃんに歯が生えてきたら、清潔なガーゼを濡らしてふいてあげましょう。 歯が8本くらい生えてきたら、歯ブラシをつかいましょう。
仕上げみがき お子さん自身でみがくようになっても、仕上げみがきは必ずしてあげましょう。
仕上げみがきの姿勢 ひざの上にお子さんの頭を乗せ、お母さんのお腹に顔を向けて寝かせながらみがきます。 指を入れてほおをひっぱると、お口の中をしっかり見ることができます。
歯ブラシの持ち方 えんぴつで字を書くように、軽く持ちます。
動かし方 力を入れすぎず、軽く細かく動かします。
みがく順序 「下の左の奥歯から前に来て右の奥歯に行き……」というように、みがく順序を決めると、みがき残しが出にくくなります。

上手なおやつタイムのつくり方

上手なおやつタイムのつくり方

ポイントは脱灰再石灰化。 私たちのお口の中では、飲食の度に脱灰と再石灰化が繰り返し起こっています。

 

飲食をするとお口の中がph5.5より酸性に傾きます。その時に歯は脱灰します。脱灰しても、再石灰化が行われるので健康な歯を保つことができます。

 

上手なおやつタイムのつくり方

脱灰が続き、再石灰化している時間が少ないため虫歯になってしまいます。食べ続けたり、甘いものを一日中飲んでいるとこのような状態になります。特に寝る前に飲食をすると朝まで脱灰が続き虫歯が進行してしまいます。 しかし、お子さんにとってはおやつはとても楽しみな時間です。おやつのタイミングで虫歯になりにくい食生活を送ることが可能です。また、当医院では“虫歯にならないおやつ”を用意しています。おいしいおやつで虫歯予防ができれば楽しいですね。

『治療』から『予防』へ

プロデンティスはノーベル生理学・医学賞の審査本部があるスウェーデンのカロリンスカ医科大学が中心となって開発した最先端の予防方法です。 世界63の国と地域の医療機関が導入し、健康維持・安全性は高く評価されています。 「プロデンティス」には、L.ロイテリ菌というヒトの母乳・口腔由来の乳酸菌が生菌のまま含まれています。 性別世代に関係なく、赤ちゃんや妊娠中の方、治療を受けている方、どなたでも「安心で安全」そして簡単に始めることができます。 現在欧米の小児科や産婦人科、歯科口腔外科、消化器内科、介護高齢者施設などを中心に、世界63の国と地域の医療現場で採用され、健康維持・安全性は高く評価されています。

プロデンティス

【このような方にオススメ】

・子供を虫歯にさせたくない ・虫歯になりやすい ・歯肉から血がでる ・歯周病と言われた ・口臭が気になる

page top

診療一覧

大人用の問診票ダウンロードはこちら

子ども用の問診票ダウンロードはこちら