ロイテリサプリで虫歯菌の除菌治療

むし歯菌・歯周病菌を除菌するバクテリアセラピー

バクテリアセラピーによる予防

バクテリアセラピーによる予防

バクテリアセラピーによる予防バクテリアセラピーは、予防医学の先進国のスウェーデンで開発された最先端の予防医学技術です。
優れた善玉菌を摂取することで体内の菌のバランスを整え、体質を変えていく細菌療法のことを言います。世界100カ国と地域の医療機関に導入されています。
元々ヒトの体内に住んでいる善玉菌を摂取するため、副作用など人体に害を与えることがなく、新生児から高齢者の方までカラダに優しく安全が確立された予防方法です。
通常の歯科治療やメンテナンスに加え、母乳由来の乳酸菌であるロイテリ菌を摂取していただくだけで、口腔内の病原菌の減少、胃や腸内環境の改善、授乳中では母乳の質の改善も認められいます

ロイテリ菌とは

ロイテリ菌は、ヒトの母乳・口腔由来の乳酸菌です。
新生児の消化管に最初に定着する乳酸菌です。ヒトへの乳酸菌の定着率は生活習慣や衛生状況によって異なりますが、ロイテリ菌は都市部よりも郊外に住む母親の母乳からより多く検出されることが分かっています。
ロイテリ菌は消化酵素や胃酸への耐性があり、優れた定着性があります。 WHO/FAOが定めるプロバイオティクスとして望ましい全ての特性を兼ね備えています。
ノーベル医学・生理学賞の審査本部のあるカロリンスカ医科大学で20年以上も研究されている乳酸菌で、世界的なプロバイオティクス企業であるバイオガイア社が産学連携してます。
世界100カ国と地域の歯科や小児科や産婦人科などの医療機関で採用され、アメリカ食品医薬局からも、安全性を認証する「GRAS」を取得しています。

ロイテリ菌(電子顕微鏡画像)

バクテリアセラピーの世界
世界が認めたロイテリ菌の効果
赤ちゃんにも効果的なロイテリ菌

 

スウェーデンのバイオガイア社CEOのピーター・ロスチャイルド氏に指導して頂き
バクテリアセラピスト常駐歯科医院として認定されました。
当院のスタッフは、ロイテリ菌を使用し、ご家族の虫歯菌や歯周病菌を除菌できる予防方法をご提案しています。

ロイテリ菌の効果

むし歯の原因菌を減少させる

2週間連続で摂取することで、むし歯の原因菌を約80%も減少させます。

歯周病の原因菌を減少させる

歯周病菌は約90%減少します。歯科医院での専門ケアと組み合わせることで効果があります。

口臭を減少させる

1週間ほど摂取することで、歯周病菌か起床時のお口のネバネバ(不快感)などを軽減し、口臭が気にならなくなります。

便秘・下痢の症状を整える

便の量が増えた、便の臭いが減ったなどの効果が実感できます。

胃のピロリ菌を減少させる

30日摂取すると胃炎の症状が軽減し、約60%の方のピロリ菌が消滅します。

アレルギー症状を軽減させる

アトピー性皮膚炎の方の湿疹表面積やかゆみ、花粉症の症状が軽減します。1年で約57%湿疹面積が減少します。

妊娠中や授乳中の方
歯周病菌の殺菌・抑制

歯周病菌は低体重児や早産のリスクを高めるため妊娠中は歯周病菌の殺菌が重要です。
また歯周病菌は夫婦間で唾液感染するため、新しい命を守るために夫婦で歯周病菌を殺菌しましょう。

母乳の乳質を改善

母乳に含まれるアレルギー発生物質を低減し、新生児の免疫効果を高めます。

おなかや産道の菌質

生まれてくる赤ちゃんへの最初のプレゼントは、お母さんの産道内の善玉菌です。
産道内の菌質を良好な状態に改善します。

ご高齢の方

虫歯菌や歯周病菌が減少するため、口腔内細菌が原因の誤嚥性肺炎予防になります。
手が不自由になりブラッシングをしっかりできない方は口内菌の改善に最適です。
※飲み込む力が弱い方はリキッドタイプがお勧めです。

体験した方のご感想

25歳 女性

歯茎に痛みがあり、上手く歯みがきが出来ませんでした。
バクテリアセラピーを始めてから歯茎の出血も減り、腫れや痛みもなくなりました。
口臭も気にならなくなったように感じています。
念願だったホワイトニングも始めることができ、すごく満足しています。

L.ロイテリ菌が体内に入ると

口腔内では

むし歯菌や歯周病菌が減少し、予防の効果を高めます。口臭やお口のネバネバ(不快感)を軽減します。

胃では

免疫細胞を活性化し、病気になりにくい身体をつくり、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーを軽減します。

大腸では

便秘や下痢の症状を整えます。
お口は消化器官の玄関です。消化器官の玄関であるお口の菌のバランスを整えることがとても重要です。

このようなお悩みはありませんか

  • お口がベタベタする
  • 歯肉から血が出る
  • 歯肉が腫れやすい
  • 歯が動く
  • むし歯になりやすい
  • 便秘や下痢が続く
  • 風邪をひきやすい
  • 口臭が気になる

これらの症状は、体内の菌のバランスが崩れているからかもしれません。
ヒト母乳由来の善玉菌を摂取することで、体質改善を行ってみませんか?

バクテリアセラピー(ロイテリ菌)を継続した場合の効果

口腔領域での効果

報告1 歯周病菌の発育抑制
  • ポルフィロモナス・ジンジバリアス(Pg)
  • プレボテラ・ニグレセンス(Pn)
  • プレポテラ・インターメディア(Pi)
  • フソバクテリウム・ヌクレアターム(Fn)
  • アグレガチバクター・アクチノマイセテムスコミタス(Aa)

報告2 SRPとL.ロイテリ菌
SRPを活用することにより研究成果の向上を確認

報告3 中等度・重度の歯肉炎を緩和
予防や抑制だけでなく、緩和作用も確認

報告4 虫歯菌(ミュータンス菌)の発育抑制
L.ロイテリ菌は虫歯の予防・抑制にも効果を発揮し、摂取後一定期間が経過しても効果が継続することを確認

報告5 歯垢(プラーク)形成の抑制
L.ロイテリ菌により歯垢(プラーク)が抑制され、摂取後一定期間が経過しても効果が継続することを確認

報告6 口腔内粘膜への高い付着能力
ヒト口腔内粘膜への高い付着能力を確認、ヒト由来のプロバイオティクスだからできること

全身管理・健康増進領域での効果

報告1 ピロリ菌感染症抑制
世界中の人口の半数はピロリ菌に感染しており、高齢者の感染率は高い。
特に日本人男性はピロリ菌感染症の胃潰瘍は胃癌に変わる確率が高い。
L.ロイテリ菌によりピロリ菌の抑制が確認されている。

報告2 アレルギー抑制-乳児のアトピー性皮膚炎の緩和-
L.ロイテリ菌を摂取することで乳児のアトピー性皮膚炎の緩和が確認される。

報告3 母乳の改善
人の母乳の中にはアレルギー成分も含まれる。
L.ロイテリ菌は乳児のアレルギーの引き金となるTGF-β2を減少し、免疫成分として有効なIL-10を増やす。

報告4 細菌感染症抑制
乳児の発熱や下痢、呼吸器疾患等のリスクの減少を確認。

報告5 小腸内における免疫賦活
健康な被験者にL.ロイテリ菌を摂取させ、小腸の様子を確認。
L.ロイテリ菌は腸の柔突起の辺りに付着し、人の免疫細胞の活性化が確認される。

ロイテリサプリメントの摂取方法

ロイテリサプリメント

  • 歯ブラシが終わった後の就寝前に1回1錠をゆっくり舐めながらお召し上がりください
  • 摂取後は、水分補給程度の飲用は問題ありませんが、食事は控えた方がロイテリ菌の効果が口腔内にとどめるため、効果的です。
  • 1か月以上続けて摂取すると効果的です。
  • 乳製品を毎日摂取する生活習慣と同じように習慣にすることで、口内菌や体質改善につながります。
  • 費用的に負担がかかる場合は、1ヶ月続けた後は、2.3日に1粒の摂取で効果が持続しやくすなります。
  • 朝、歯ブラシをする時間がない方は、軽く歯ブラシをした後に1粒摂取すると、口内菌の増殖を抑制し、口臭予防になります。
  • 朝の準備で時間のないお子様に1粒摂取させるのも口内菌の増殖抑制に効果的です。
  • ロイテリ菌を継続して摂取すると一時期的にお腹が緩くなることがあります。
    副作用ではなく、腸内活動が正常になっているため継続すると腸内フローラが改善し便通が良くなります。

※ロイテリサプリの購入だけもおこなっています。

Prodentis MUM
プロデンティスマム30錠(アップル味) タブレットタイプ

朝や歯ブラシが終わった後の就寝後 、1日1錠以上を目安にゆっくり舐めながらお召し上がりください。
1錠に2億のロイテリ菌が含まれています。

価格がお求めやすくなりました

30日分  料金:2700円(税込)

1日90円
まずは1粒お試し 料金: 100円(税込)

Prodentis 
プロデンティス30錠(ミント味) タブレットタイプ

朝や歯ブラシが終わった後の就寝後 、1日1錠以上を目安にゆっくり舐めながらお召し上がりください。
1錠に2億のロイテリ菌が含まれています。

価格がお求めやすくなりました

30日分  料金:2700円(税込)

1日90円
まずは1粒お試し 料金: 100円(税込)

Child Health  
チャイルドヘルス30錠(ストロベリー味) タブレットタイプ

※タブレットタイプのため奥歯が生えてきた2歳くらいから摂取可能

朝や歯ブラシが終わった後の就寝後、1日1錠以上を目安に、ゆっくり舐めながらお召し上がりください。
1錠に2億のロイテリ菌が含まれています。

価格がお求めやすくなりました

30日分  料金:2700円(税込)

1日90円
まずは1粒お試し 料金: 100円(税込)

ProTectis  
プロテクティス(オレンジ味) 30錠 タブレットタイプ
赤ちゃんが最初に獲得する生命力。L.ロイテリ菌プロテクティス カラダを守るL.ロイテリ菌プロテクティス(L.reuteriDSM17938)に カラダを育てるビタミンD3を配合

BioGaiaの生きた乳酸菌L.ロイテリ菌プロテクティス(L.reuteriDSM17938)は、ヒト母乳由来のプロバイオティクスです。
お口から腸まで定着し、虫歯菌・歯周病菌などを抑制することで知られてる抗菌物質『ロイテリン』を産生。
免疫システムの働きを助け、さまざまな病気と戦う抵抗力の源と考えられています。

このような方におすすめ
  • 妊娠中、授乳中のお母さんに
  • 成長期のお子さんに
  • 高齢に伴う骨粗鬆症の予防に
  • 免疫バランスを整えたい方に

朝や歯ブラシが終わった後の就寝後、1日1錠以上を目安に、ゆっくり舐めながらお召し上がりください。
1錠に2億のロイテリ菌が含まれています。

※1錠に1日に必要なビタミンD3が10μが摂取できます
※2週間連続摂取すると虫歯菌が80%減少
※タブレットタイプのため奥歯が生えてきた2歳くらいから摂取可能
※3歳以上は1日3錠以上摂取しても問題ありません。

30日分 料金:2980円(税込)

まずは1粒お試し 料金:100円(税込)

Child Health  
チャイルドヘルス 液体タイプ(無味)

※生後0日から摂取可能
※タブレットを摂取できないお子様やご高齢の方はブラシに5滴垂らしてブラッシングすると効果的です

飲ませやすい液体タイプ

1回当たり5滴以上を目安に摂取しててください。
5滴に2億のロイテリ菌含が含まれています。

料金:5000円(税込)

2本目から 料金:4,500円(税込)

マタニティ歯科~妊娠中の歯科治療について~

妊娠中の歯科治療について妊娠の可能性がある方・妊娠中の方は、必ずお申し出ください。 事前に歯科医師と相談し、ご納得された上で治療をお受けください。
妊娠中の歯科治療は、お腹の赤ちゃんに悪影響があると思っている方がいらっしゃいますが、治療を受ける時期に注意すれば抜歯をすることも可能です。むし歯が痛くて眠れない、食事ができない、イライラしてしまうなどの症状が続く方が胎児にも良くありません。

妊娠初期(1〜4ヶ月)

過度の緊張や長期間かかる治療は避け、応急処置のみにとどめます。

妊娠中期(5〜7ヶ月)

ほとんどの方が問題なく治療を受けられます。

妊娠後期(8〜10ヶ月)

母体に負担がかかってしまうため、緊急を要する治療以外は応急処置のみにとどめます。

麻酔

急性の症状で重症化の可能性がある場合や外科処置を行う際に、局所麻酔が必要となる場合があります。歯科医院で使用する麻酔薬は無痛分娩に使用されるもので、体内に入ると肝臓などで分解されて尿と共に体外に排出されます。麻酔薬が胎盤を通過することがないため、妊娠中の方でも安全です。

レントゲン

レントゲン歯科医院のレントゲン写真は、歯やアゴの周辺のみを撮影するため、お腹にX線が当たることはありません。防護エプロンを着用してお腹を保護すれば被曝量は限りなくゼロになるため、胎児への影響はないとされています。

薬剤

抗生物質は、胎児に悪影響を与える薬があるため、妊娠8週以内では使用しません。痛みによる精神的なストレスがある場合には、鎮痛薬は比較的安全なものを1日1〜2回程度で服用します。いずれも必要性と安全性を計りにかけ、適切な時期や分量を十分に考慮した上で、通院されている産婦人科の先生にも確認をしてから処方します。

妊娠中はホルモンバランスが変化するため、むし歯や歯茎の腫れが進行しやすくなります。
出産後まで待って症状が悪化する前に、安定期のうちに治療を受けることをおすすめします。

妊婦歯科検診の大切さ

日本では約10人に1人が低体重児や早産で誕生しています

妊婦歯科検診の大切さ妊娠中は、妊娠ホルモンの関係や、つわりなどによってお口のケアが怠りがちになるため、約8割の妊婦さんが歯周病になっています。
歯周病にかかっていると、歯周病菌が血管に入り込んで血液と共に全身をめぐり、歯周病菌がつくりだす毒素が胎児に悪影響を与えたり、子宮の異常収縮を促進させることで低体重児や早産の原因になると考えられています。

妊婦さんの歯周病治療について

スウェーデンで国際特許を取得した安心・安全な乳酸菌

スウェーデンで国際特許を取得した安心・安全な乳酸菌
スウェーデンで国際特許を取得した安心・安全な乳酸菌

当院では、スウェーデンのバイオテクノロジーに基づいた母乳由来の天然乳酸菌を用いた画期的で最先端のバクテリアセラピー(歯周病治療プログラム)を導入しています。
バクテリアセラピーは、抗生物質の代わりに乳酸菌を使用して抗生物質と同等レベルまで歯周病菌を抑制することができる安全かつ安心な治療方法です。また、抗生物質を使用した場合は体内の良い菌まで一緒に除菌してしまいますが、この乳酸菌による治療の場合、体内の良い菌に影響を与えることはありません。
これにより、低体重児や早産のリスクを低下させるだけでなく、産道内の菌質を整えたり、母乳の質も改善できたり、更にはビタミンD配合のため妊娠中に不足しがちなカルシウムの吸収効率も上げることが出来ます。 まさに妊婦さんと赤ちゃんのために、最も有効的で安全な治療方法といえます。

L.ロイテリ菌は妊婦さんの強い味方!

歯周病菌の殺菌・抑制

歯周病菌は、低体重児・早産のリスクを高めます。

母乳の乳質改善

母乳の中のアレルギー発生物質を低減し、免疫の働きを良くします。

おなか・産道の菌質

生まれてくる赤ちゃんの最初の贈り物は、お母さんの産道内の善玉菌です。
産道内の菌質を良い状態に改善します。

乳酸菌 L.ロイテリ菌は、初乳とともに赤ちゃんの体内に入って定住することで、免疫システム・整腸・病原菌・ウイルスの駆除など幅広く役割を担ってくれる人間の体を守る基本の力となる特別なプロバイオティクスです。
また、L.ロイテリ菌は国際特許を取得している乳酸菌です。

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科