ブログ

2020.07.11

市販の洗口液は歯周病に効果がある?

市販の洗口液でブクグクうがいをすると口の中の食べ物のカスをある程度取り除くことはできます

市販の洗口液には、プラークを分解、殺菌する効果のある成分は含まれていますが、専門的に見ると効果は薄いです。ないわけではありません効果が薄く、清涼感があるためスッキリしているように感じてしまいます。

 

 

虫歯予防や歯周病予防は食べ物のカスと取り除くことではなくプラークを取り除くことが大切です

プラークとは

プラークは食べ物のカスではなく口腔内細菌の塊です

口腔内細菌の塊の中に歯を溶かす虫歯菌と顎の骨を溶かす歯周病菌が含まれています

 

 

当院では歯の表面のプラークが付着しているところを確認できるように染め出しをしています

当院の染め出しは特殊でプラークの付着している時間がある程度予測できます

 

紫色に染まっていないところは、キレイに磨けているところ

薄い紫色に染まっているところは1〜2日間 磨けていないところ

濃い紫色に染まっているところは2日以上磨けていないところ

 

 

 

 

1日以上磨いていない人はほとんどいないはずです

ですが、磨いているつもりで2日以上磨けていない場所もありました

洗口液や歯磨き粉にはプラークを取り除く効果ありますがうすいと思ってください

あくまで補助的なものです

 

 

ほとんどの人は磨いているつもりで磨けていないのが現状です

 

歯ブラシだけだと歯の汚れの約60%しか取れていないというデータがあります

 

つまり約40%の汚れが毎日毎日、口の中に残っています人がいるということ

歯ブラシの仕方が上手だとプラークが付着していません

 

この方は1日3回 5分以上かけて教わった歯ブラシの仕方を実践しています

染め出しをしてもプラークが染色されませんでした

虫歯や歯周病になりにくい環境を自分のブラッシングで実践しています

 

 

 

この方は、歯と歯茎の際のところだけプラークが付着しているため、このままの状態が進むとプラーク中の歯周病菌が歯茎の中に入り込み、歯周病を発症する可能性が出てきます

 

 

 

普段、定期的に歯医者さんで歯石取りを行っていたことがウィルス感染予防につながることがわかっています。

 

 

歯周病菌がウィルス感染に影響?

新型コロナウィルスの感染を心配されている人が多くいると思います

ただ、今のところ新型コロナウィルスを予防できる特化したデータはありません

 

 

インフルエンザウィルスのデータを元にお伝えします

歯周病菌でインフルエンザが拡大!!!

 

 

実は、歯周病菌は体内にインフルエンザウイルスが入るのを手助けしています

 

 

インフルエンザウィルスは体内に侵入するのに粘膜を破壊する必要があります。破壊するためには酵素を出します、歯周病菌は、この酵素を活性化させています。

 

 

歯周病菌の助けを借りて侵入したウィルスは増殖して症状を引き起こします

 

研究データによるとインフルエンザだけの感染よりも

インフルエンザ➕歯周病菌の方が感染は早くなることがわかっています

 

 

 

 

虫歯菌・歯周病菌は唾液感染する感染症

新型コロナウィルは空気感染・唾液感染する感染症

 

もらわない 

うつさない

 

ことが大切です

 

 

ウィルス感染予防のために空気のキレイな歯医者さんで歯のクリーニングを行いましよう

 

プラーク除去で重要なのが以下の2つ

1:フロスや歯間ブラシも使って綺麗にする

フロスや歯間ブラシを使うことで、約80%の歯垢が取れます

 

2:面倒くさがらずに定期的に磨き残しや歯石を歯科医院で除去してもらう

一般的に歯磨きだけでは歯垢の取り残しが20〜40%程度あるため、歯科医院で専門的に歯のクリーニングを受けましょう。

大人は保険治療で歯のクリーニングを受けることができます

 

・レントゲンで虫歯がないかどうかのチェック

(定期検診では1年に1回のレントゲンチェック)

・歯周病が進行していないチェック

・磨き残しがないかチェックと磨き残しのブラッシング方法

・歯垢取り、歯石取り、着色とり

 

 

当院ではご家族で一緒に虫歯予防プランを行っています

 

 

 

新型コロナウィルスは空気感染する可能性があると公表されました

 

アーブル歯科クリニックは新型コロナウィルス感染拡大が広がる前から、ご家族で安心して治療や虫歯予防ができるように安心・安全への取り組みを行っています。

 

 

診療室全体の見えない粉塵や飛散しているウィルスを天井に吸い込む医療用空気浄化装置『メディカルライトエアー』を設置

メディカルライトエアーは診療室全体の空気をたったの10分で浄化してくれる装置です

習志野市で初めて導入された最新の医療装置です

医療用空気浄化装置『メディカルライトエアー』は現在24時間稼働中。診療後の空気が停滞する時間帯にも室内の扉を解放し、院内の空気を清潔な状態にしています

 

 

 

 

 

 

ソーシャルディスタンスを確保した、広い診療室

付き添いでご来院された保護者の方が待合室で待つのを気にされる場合は、一緒に診療室に入ることが可能です。泣いてしまう小さい赤ちゃんがいてもベビーカーで一緒に入れますので、子育てしているお母さんでも周りのことを気にせず虫歯治療や歯のクリーニングを受けていただくことができます

 

 

 

治療時の飛散する口腔内細菌やウィルスは直接、口腔外バキュームで吸引

 

 

 

待合室には新型コロナウィルスを99.9%不活化することが証明された空気清浄機『エアロピュア』を設置

受付、待合室も清潔な空気環境にしています

 

 

 

 

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科