ブログ

2017.10.31

ポイックウォーターを販売しています(ポイックウォーターを習志野市で初めて取り扱っている歯科医院です)

 

POICウォーターってなあに?

POIC (ポイック)
Professional Oral Infection Control

専門的口腔感染症予防を意味します。

タンパク分解型除菌水とも言います

 

POICウォーター

  • 次亜塩素酸(HCLO)という人体に元来備わっている除菌成分が含まれています
  • 次亜塩素酸は白血球の持つ除菌能力の本質です
  • ・人間の体内で白血球(好中球)が細菌を死滅させる過程において、主に作用しているのは「次亜塩素酸」(HCLO)と言われています
  • ・次亜塩素酸を用いた除菌方法は、その除菌力と安全性に着目した点にあります
  • ・口腔内約20秒で治療する場所を殺菌できます

 

 

歯科治療に使用する除菌水をPOICウォーター(タンパク分解型除菌水)言いますが、

大企業の森永乳業や地域の飲食店などではピュアスター水という名前で、POICウォーターと同じ成分でで食品や生産ラインを殺菌・消毒しています

東京ディズニーランドでは微酸性電解水という名前で使用しています

POICウォーターは
また、次亜塩素酸(HCLO)という成分が含まれています

次亜塩素酸は人体由来の免疫成分(白血球が体に入ったウィルスを死滅させる時に出す成分)であり、とても安全性が高いことで知られていますが、食品添加物の規定上限が80ppmと決められております。
このPOICウオーター(エピオス水)(タンパク分解型除菌水)は20ppmとその基準にも合致しております。また、食品分析センターにおける安全性試験においてもその安全性は認められております

市販の洗口液とPOICウォーターの違い

市販されている洗口液は、薬品を使用し殺菌力を高めています
また、薬品を使用していますが効果・安全性はPOICウォーター半分程度しかありません
なぜなら、市販の洗口液はプラーク(タンパク質汚れ)やウィルスを分解する能力が少ないからです

市販されている有名なリ◯テリンは主成分がエタノールのため薬品を使用していますが殺菌力はあまり高くありません。また、スッキリする成分を配合しプラークが取れていないのにもかかわらずスッキリした気がすると勘違いを起こしている可能性があります

 

POICウォーターの使い方

使い方はとっても簡単、

キャップのメモリで5~10ccを、

原液のまま口に含んで
強めにブクブクと20秒程うがいをしてください

この段階でプラークが分解されはがれやすくなります

その後、POICウォーターを口に入れたままお口に入れたままにできる量)、

歯ブラシで、歯と歯茎の間にいれこむように細かく全体的に磨くとプラークが除去しやくなります

最初はPOICウォーターを含みながらのブラッシングは慣れが必要ですが、

上手くできるようになると通常のブラッシングより時間を短縮できるのにプラークをしっかり取り除くことができます

 

POICウォーターを少量含みながらブラッシングする方法

まず習慣にできるように磨く順番を決めましょう!

どの場所から始めても構いませんが、全周歯ブラシが行き渡るようにします

 

歯ブラシの動かし方のポイント

 

 

毎日歯ブラシしているのに、虫歯になってしまうっておかしいと思いませんか?

実はその原因は、自分の唾液中に住む虫歯菌が原因です

その原因を減らしてあげないとまた、虫歯が再発するかもしれませんよ

ブラッシングのみでは口腔内細菌の量は変化がないため、口腔内の細菌の質をPOICウォーターで変えることが本当の治療と言えます。虫歯の治療は対症療法とって原因を治す治療ではありません。唾液中の歯に悪さをする細菌(虫歯菌・歯周病菌)の活動を抑えてあげることが、原因治療です。

奥歯が銀歯だらけの人は要注意!!
磨き残しにより自分の虫歯菌で歯が溶けてしまっています
磨き残しはプラークの取り残しです
プラークは虫歯菌と歯周病菌の塊
プラークが毎日取れていないと
自分の口の虫歯菌と歯周病菌で
歯や顎の骨が溶けてしまいます
虫歯菌・・・歯を溶かす唾液感染する病原菌のこと
 歯周病菌・・・歯茎の中に入り込み顎の骨と溶かす唾液感染する病原菌のこと
《自分の歯が溶ける理由》
(歯科治療の回数の多い人はからなず読んでください)

虫歯とは、虫歯菌(ミュータンス菌)という口腔内の細菌が糖を栄養にして歯を溶かす酸を出します。この酸により歯が溶けたものが虫歯になります

つまり、自分の口の中の常在菌で自分の体(歯)が溶ける口の病気のことを虫歯と言います

私が治療する際に説明するとこのことをわかっている方はほとんどいないように感じます

ほとんどの人は『歯を磨かないと虫歯になる』ということは知っています

確かにそれも正解なんですが

自分の常在菌で歯が溶けているということは知らない方もいます

まずは虫歯(歯が溶ける)仕組みを知ってもらうことから予防が始まります

私たちは美味しご飯や甘い物を食べます。

生きるためには食事することは大切です

その中でも砂糖が含まれている食品を摂取すると歯の表面では何が起きているのでしょうか

唾液中には500〜700種類の細菌が住み着いていると言われています

この細菌の中で歯の表面のエナメル質を溶かしてしまう細菌は虫歯菌(ミュータンス菌)という口腔内細菌が原因です

①口の中に糖が入るとミュータンス菌が糖を取り込み始めます

②糖を取り込んだミュータンス菌は粘着性のネバネバした物質を出します

③歯の表面がネバネバするので、歯の表面に次から次へと口腔内細菌が付着し始めます

ミュータンス菌が歯の表面に繁殖し始めます

④次にミュータンス菌が糖を栄養にして酸を産生します。この状態が長く続くと口腔内が酸性状態が続き歯の表面が溶けやすくなります

⑤口腔内の酸性状態が改善されず、歯の表面に虫歯が菌が付着したままだとエナメル質に穴が開きます。この状態を虫歯と言います

歯に穴があくと歯科治療するしか方法がありません。また少し穴があいた程度では痛みもなく自覚症状はありません。

口腔内は通常は弱アルカリ性から中性(pH6.7)状態を保っており、食事をするたびに口腔内が酸性状態に傾きます。歯が溶ける境目はpH5.5以下になると言われています。

口腔内が酸性状態になると歯の表面のミネラル成分が溶かされ始めます(脱灰)。40分ほど時間が経つと唾液の自浄作用により口腔内が中性状態に戻り、溶かされた歯の成分が元に戻ろうとします(再石灰化)。そのため再石灰化をすれば歯が虫歯になることはありません

しかし、pH5.5以下の状態が長く続くような食生活を続けていると・・・

歯が溶け出す時間が長いため、歯に穴があく虫歯ができてしまいます。歯に穴があくと再石灰化することは不可能なため、歯科治療する方法しかありません

再石灰は歯の表面のミネラルが溶け出す程度の脱灰だけに起こります

食事や間食は規則正く決まった時間にとるようにしましょう

磨き残しにより

エナメル質が溶けてしまった症例

Case1
治療した部位に虫歯の再発がありました


しかし治療してみると、歯の間から神経まで達する虫歯が進行していました

気がつかない間にここまで歯が溶けていました

 

Case2
治療した歯の虫歯の再発
歯の間に保険治療のコンポジットレジンという材料が詰まっていました
材料の強度が足りず劣化しており、磨き残しにより
虫歯菌が歯の内部に入り込んでいたため歯が溶けていました

歯の内部の虫歯を除去しました

ここまで虫歯になっていても自覚症状はありません

Case3

 今まで虫歯と言われなかった歯に虫歯が見つかった症例

歯の間に虫歯がありました

さらに治療してみると虫歯が内部でかなり進行していました

歯の内部の虫歯(茶色いところ)を取り除くと

ここまで虫歯菌で歯が溶けていました

ここまで虫歯になっていても自覚症状はありません

 

Case4
磨き残しにより虫歯菌で歯の間が溶けてしまった症例

綺麗な歯のように見えますが

両隣の歯の間が虫歯になっていました

 

Case5

アマルガムという水銀が歯に移植されていました
(現在ではアマルガムは口腔内に使用禁止金属に指定されています)

水銀を除去すると内部で虫歯が進行していました

(虫歯の再発がありました)

 

Case6

磨き残しがかなりあり歯の間が虫歯になっていた症例です
歯の中が黒くなっているのがわかります

治療してみると内部から歯が溶けている部分が露出してきました

ここまで虫歯になっていても普段は痛みを感じることはありません

虫歯の部分をしっかり取り除いています

 

しっかりと診断してもらえる歯科医院で

必ず定期検診をしてください!

虫歯は気がつかない内に進行することがある歯が溶ける病気です

日本人の歯を失う原因の第2位が虫歯です

もし虫歯になってから治療することを繰り返すと

日本人の歯が残っている本数はどうなっているのでしょう

答えは・・・・

なんと75歳で歯が残っているのは

平均13.32本

自分の歯は全部で28本あります

(親しらずを入れると32本あります)

Q, 口腔内の細菌を全て殺菌しても良いのでしょうか

A, POICウォーターをどんなに使用しても口腔内が無菌状態になることはありません
口腔内には500〜700種類の常在菌が存在し、口腔粘膜や咽頭、唾液中に存在しています。完全に除菌することはできません。
口臭がある場合、口腔内の細菌のバランスが崩れ、嫌気性菌が多く存在し、硫化水素系のガスを出していることが多く、健康な状態と思われません。よって口臭がある時は、嫌気性菌が存在できないような環境づくり(治療とメンテナンス)を行い、常にリセットすることが肝要と思われれます。

Q,滅菌と殺菌、消毒の違い

A, 簡単に言うと滅菌は、すべての細菌を死滅させること。殺菌は、特定の菌を死滅させること。消毒は、細菌を弱めること。と分類します。ポイックウォーターは殺菌の分類に入るため、口腔内で使用しても問題ありません。

 

Q, POICウォーターを使用した殺菌治療症例

歯の表面に紫色に染めたプラークが付着していなければ、歯の表面が殺菌されていることになります

POICウォーターと正しいブラッシングをおこなうことができれば、誰でもご自宅で簡単に殺菌治療をおこなうことができるのが、歯科医院専売のPOICウォーターの効果です

 

 

Q,うがいの途中に感じるプールのような匂いはなんですか

A,口腔内のタンパク汚れが分解するときの気体臭で、「クロラミン」と言います。汚れが多いほど臭いを強く感じますが、継続して使用し綺麗になると薄れてきます。刺激が強いと感じたら、ポットのお湯で半分くらいに薄めてご利用下さい。

Q, 人体に対して安全なのでしょうか

A, タンパク分解型除菌水は、超純水と塩(塩化ナトリウム・局方品)を用いて生成されているため、人体に害を与えません。また、次亜塩素酸(HCLO)は人体の免疫成分であり、とても安全性が高いことが知られていますが、食品添加物の規定により上限が80ppmと決められています。タンパク分解除菌水は20ppmとその基準にも合致しており、食品分析センターにおける安全性試験においてもその安全性は認められています。

Q, 妊娠中でも影響はないのでしょうか

A, 次亜塩素酸は人体の免疫成分のため、問題ありません。妊娠初期はつわりなどでブラッシングがきちんとブラッシングができない場合もあります。食べつわりなど酸っぱいものを好む場合には、お口の中が酸性状態が続き虫歯になりやすくなります。POICウォーターがお口に合うのであれば毎日の使用をお勧めしています。
また、妊娠中は女性ホルモンの影響で歯周病菌(嫌気性菌)が増殖し、歯周病の悪化や口臭の原因にもなりますので、積極的に使用して下さい。

Q,次亜塩素酸ナトリウムとどこが違うのですか

A, 精製方法が大きく違います。次亜塩素酸ナトリウムは苛性ソーダ(NaOH)に塩素ガス(CL2)を封入し、その化学変化によって精製されます。その際、すぐに塩素ガスが抜け出し、不安定になるため、数パーセントの苛性ソーダ(NaOH)が残されます。よって常に、NaOCL,CL2,NaOHが化学反応をしながら安定性を保っています。しかしpHが強アルカリであるため、とても口腔内粘膜に使用することは困難です。タンパク分解型除菌水は純粋と塩のみで電気分解をゆっくり行いながら生成されます。強制的に塩素ガスなどを封入することなど危険なことを行っていません。

Q,毎日プラークを取り除けなかったら歯はどうなりますか

A, プラークは虫歯菌と歯周病菌の塊です
しっかりプラークを除去しないと虫歯菌で歯が溶け、歯周病菌で顎の骨が溶けてしまいます。また虫歯菌と歯周病菌は唾液感染することがわかっています。生まれた時は、口腔内に虫歯菌と歯周病菌は存在しません。虫歯菌は1歳半〜3歳までに唾液感染し、その後、口腔内に常在菌として定着します。歯周病菌は年齢に関係なく唾液感染し、日本人の成人の80%が歯周病菌に感染していると言われています。日本臨床歯周病学会が出版した書籍には歯周病菌は犬にも唾液感染し、犬から人間に歯周病菌が移る可能性もあると記載されています。
口腔内には、虫歯菌と歯周病菌に対する免疫力(抗体)はありません。そのため、虫歯菌・歯周病菌を多く保有している人との唾液感染で、感染します。

Q, 磨かなかったらどこまでプラークが付着しますか

A, プラークの付着量は口腔内細菌の量に比例しますので人それぞれですが、口腔内細菌が多い人は食事のたびに多量のプラークが歯の表面に付着します
どちらの方も診療前に簡単に磨いてきたという方の口腔内です。口腔内に合わせたブラッシングテクニックが必要になります
ほとんどの人は自己流になっているため、磨き残しにより虫歯になってしまいます。
虫歯になりにくい人のプラークの付着がかなり多い人は1回のブラッシングとフロスを使用し10分は丁寧に磨かないとプラークを取り切ることはできません。それを1日3回することが理想です。まずそんなにブラッシングする時間がある人はなかなかいないはずです。夜寝る前だけでもしっかりと磨くことをお勧めしています。プラークが取れなければ、自分の口の中の虫歯菌で、自分の体の一部(歯)が溶けるということになります。
磨いているのに虫歯や歯周病が治らない方は口腔内細菌を改善するためにPOICウォーターを使用してください。溶けた歯は二度と元に戻りません。歯科治療は歯のかたちを再現することしかできません。
プラークの付着が少ない人
(プラークの付着を染色する液で染めだししたところ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

プラークの付着が多い人
濃い紫色に染まっているところは
数日間磨けてなく
プラークが厚くこびり付いています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

POICウォーターに興味がある方は、お気軽にスタッフにお尋ね下さい

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科