ブログ

2018.04.22

歯科医療安全に関する総合的研修会に参加しました

 

本日は、診療後に東京医科歯科大学名誉教授の海野雅浩先生による歯科外来診療の院内感染防止対策・偶発症に対する緊急時の対応・医療事故に対する対策と対応について学びに来ました

 

 

院内感染予防は歯科医医療における基本的な要件であり、適切な感染予防を行うには感染症およびその成り立ちについて理解する必要があります

 

今回の研修会で、感染症の定義、感染症の成立条件、感染制御の概要などの基本事項について理解し、感染予防の基本である滅菌、消毒、および標準予防策について学びました

 

代表的なウィルス・HBV・HCV・HIVについてウィルス患者への院内対応を理解することができました

 

歯科診療に対する感染問題について

 

歯科治療における水質汚染により高齢女性がデンタルユニット(歯科治療の椅子)給水によるレジオネラ感染で死亡した症例が認められました

また、デンタルユニット内の水質汚染は高く、ほとんどの歯科医院では感染対策が不十分であり、レジオネラ、シュードモナスによる汚染が確認された、患者暴露の危険性があり微生物汚染を低減する必要性があるとも報告されています

 

日本の歯科医院では、歯を削る機械(ハンドピース)の使い回しをしている歯科医院が半数以上あると厚生労働省の調べで分かっています

(読売新聞で掲載されました)

 

ハンドピースを使いまわしすることにより血液感染や唾液感染するリスクが高まることがあります

 

ハンドピースは、停止時に陰圧が生じ口腔内の血液や唾液、切削物が内部に吸い込まれるサックバック現象が起こることがわかっています

最新のハンドピースはサックバック防止構造が付いているが、実際は吸い込んでいるので、使用する際は滅菌したハンドピースを使用している歯医者さんを選ぶことをおすすめしています

 

歯科医院の使用しているハンドピースが最新かものかどうか調べる方ができないため、自身でインターネットなどで、自分の通院している歯科医院がハンドピースをしっかり滅菌しているかなどうかをホームページなどで確認し、ご家族が安全な治療をうけているかどうかの判断をする必要があります

 

アーブル歯科クリニックでは

安心安全の医療を実施するために

ハンドピースは滅菌したものを使用しています

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.arbre-dc.com/blog/アーブル歯科ではタービンヘッドは1人1本滅菌/

 

 

 

今回の研修会で、院内設備を整えるための更新の手続きの修了証をもらいました

こらからも安心・安全な医療を追求し

ご家族皆様が通いやすい歯医者さんを目指します

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科