ブログ

2017.09.11

虫歯の治療17(虫歯の取り残しにより歯の内部で虫歯が進行していた症例)

右下6番目の歯に、保険治療で治療するコンポジットレジンという材料が詰めてありました

コンポジットレジンの周りが治療してから劣化しており虫歯になっていたため治療を開始することになりました

 

 

 

治療する前から内部で黒くなっており怪しいと感じていましたが、コンポジットレジンを除去してみると内部で虫歯が取り残されていました

内部で虫歯が進行していることから、虫歯を全て取り除かすに修復処置が行われていた可能性があります

 

黒いところはしっかりと取り除き記録で写真を撮影しています

一部神経の近くまで虫歯が進行していました

 

治療して歯がくぼんでいるところはコンポジットレジンという材料で綺麗にコーティングしています

 

 

内面がツヤツヤになりました

この状態が虫歯がない状態です

当医院では虫歯の取り残したまま治療をすることはありませんので安心して下さい

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科