ブログ

2017.08.26

虫歯の治療12(歯の間から口の中の虫歯菌で歯が溶けていた症例)

今回の症例は、右下の4番目と5番目の虫歯治療です

見た目で、うっすら黒くなっているのがわかります

 

 

痛みがないように優しく麻酔をおこない、処置をします

削ってみると、黒いところが出てきました

歯の溝から虫歯になったのではなく、歯の間の磨き残しにより

虫歯菌で歯が溶けてしまいました

 

 

 

黒いところを除去すると、綺麗になりました

歯の白いところはエナメル質

内部のうっすら黄色ところは象牙質と言います

象牙質は柔らかく、内部まで虫歯になると気がつかない間に急激に虫歯が進行することがあります

 

 

しっかり、虫歯を除去したことを確認し毎回このように写真で撮影し記録しています

こうすることによって、今後何かこの歯に症状があったとしても治療せずに前回の治療内容を知ることができるため安心です

 

 

 

削ったところにはコンポジットレジンという保険治療の材料を大量に使用しています

最初にあった虫歯が嘘のように綺麗になりました

このコンポジットレジンは、歯の表面の虫歯の治療する時に使用するものですが、内部を埋める時にはほとんど使用しません

なぜなら、今回のように歯を削る量が多いとコンポジットレジンを大量に使用するためコストがかかります。また、コンポジットレジンを使用しても治療費を請求できない(この材料を使用する保険点数がない)ため、使わないのが現状です。

しかし、当医院ではコンポジットレジンを使用する治療費を請求できませんが使用しています

なぜなら、とてもいい材料だからです

内部に使用すると材料の劣化が少なく、削ったところにぴったりしているため虫歯の再発が少ないため使用しています

 

 

 

虫歯になる仕組みについて詳しくは

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

『どうして虫歯になるの?素朴な疑問を解決』を配信しています

https://www.arbre-dc.com/blog/どうして虫歯になるの?素朴な疑問を解決!/

 

 

見えないところだからこそ

しっかり治療する

アーブル歯科クリニックのこだわりの治療方法です

 

もう虫歯の再発で悩むのはアーブル歯科で最後にしよう

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科