ブログ

2017.07.23

虫歯の治療5(気がつかない間に大きな虫歯になっていた歯を治療した症例)

気がつかない間に大きな虫歯になっていた歯を治療した1症例

 

今回、治療した歯は右下6番目の歯を虫歯治療しました

以前、コンポジットレジンというプラスチックを固める保険治療がされている歯でした

 

レントゲンを撮影すると歯の間に黒い影が映っています

この黒い影が、虫歯で空洞になっているところです

 

 

 

実際に虫歯治療指定みると歯の間がえぐれるように虫歯が進行していました

 

 

定期的に歯科医院でチェックしてもらっていないと

気がつかないうちに虫歯が進行していることがあります

歯が痛くなった時の虫歯は深部まで進行し、神経が虫歯菌の感染により炎症を起こすため痛みとして感じます

虫歯による神経の痛みが出でしまった場合は、神経を抜く処置(抜髄ばつずい)を行うため、歯の寿命が縮んでしまうことや治療費、治療回数がかかります

 

歯科医院を定期的に受診し歯が悪くなっていないかチェックしてもらうことをオススメしています

 

 

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科