ブログ

2017.07.16

虫歯の治療2(磨き残しにより歯の間が虫歯菌で溶けていた症例)

『磨き残しにより歯の間が虫歯菌で溶けていた症例』

アーブル歯科クリニック院長の田中です

今回、治療した歯は左上の5番目の歯です

真ん中に銀歯が入っていて問題ないように見えます

 

 

しかし

銀歯を外し、歯の間を削ってみると・・・

 

 

歯の間が虫歯になっていました

この症例はレントゲンから判断し虫歯を発見しました

視診(見た目の診査)とレントゲンを比べてみて確定診断してから治療を開始します

あたりまえですが、ここを削ってみようという勘で歯を削ることはありません

痛みがなく虫歯が進行することがあります

痛くなってからでは歯を削る量が多くなり

歯の寿命が縮むだけではなく

神経を取る処置をおこなわなければなりません

小さい虫歯なら1回の処置で終わることもありますが

神経を取る処置となると

根の中の神経や感染している部分を取り除く必要があり

さらに歯を補強する土台を立て

被せ物をする必要があります

虫歯を放置したことにより

通院回数の増加、治療費の負担、歯の寿命の短縮

できる限り負担が少ないように治療計画を立てますが

一番、良い歯科医療は

しっかり予防して歯を削らないようにすること

このことが最高の歯科医療だと考えています

お口のことでお困りの方は

私の知識と技術を全て提供します

ご来院お待ちしております

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科