ブログ

2022.05.23

学校に持って行かない!痛くないキッズマウスピース矯正(プレオルソマウスピース矯正)

 

 

痛くないキッズマウスピース矯正(プレオルソマウスピース矯正)ならアーブル矯正歯科へ♬

キッズマウスピース矯正は自宅にいる時だけ使用するお子様に負担が少ない矯正方法です。

 

学校に持っていく必要がないため、紛失するリスクが少なく、お子様は学校では普通に生活して頂けるため快適です♫

 

 

歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)は5歳頃から始められるマウスピース型矯正治療

 

歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)は「咬みあわせ」と「歯ならび」を改善すると同時に、「口呼吸から鼻呼吸へ」改善していきます。

矯正歯科を専門にする歯科医師が行う本格矯正治療は、歯を正しい位置にワイヤーや拡大床などの矯正装置を使って歯を移動させます。

歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)は本格矯正治療と違い、マウスピース型の矯正装置を装着することにより口腔周囲の筋肉のバランスを整えて顎の成長を促進させ、歯列を拡大することで綺麗な歯並びを誘導します。

歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)で矯正できる適齢期は5〜10歳までになります。そのため、顎の成長期に早くおこなう方が歯並びを改善しやくなります。

 

歯列の状態によっては本格矯正を行う方が改善しやすい場合もあるため、歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)矯正治療が可能かどうか虫歯予防の定期検診や矯正無料相談で判断させてい頂きます。

 

歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)はこのような方にオススメです

  • 本格矯正をする前に歯並びが悪いから早めに矯正治療を始めたい
  • 本格矯正するほどではないわずかな歯列不正を改善したい
  • 本格矯正をする予定はないけど費用の負担が少ないのであれば歯並びを少しでも綺麗にしたい
  • 本格矯正する前に、できるだけ歯並びを改善して本格矯正の治療期間を短くしたい

 

 

 

 

 

Q:本格矯正とプレオルソの違いはなんですか?

A:本格矯正は直接歯を動かして歯列を改善します。プレオルソは正しい顎の成長をサポートして歯列が拡大されたことで歯並びを良くする装置です。そのため顎が成長している5~10歳頃までしか効果がありません。

 

プレオルソは自然な力で綺麗な歯並びを誘導することを目的とします。ワイヤーを使う本格矯正治療と違い口腔周囲の筋肉のバランスを整えて矯正する装置で「咬みあわせ」「歯ならび」を改善すると同時に、口呼吸から鼻呼吸へ改善していきます。

  

Q:何歳ごろから始めるとよいのでしょうか?

A:一般的に、5~8歳ごろの前歯が生えそろう前に効果を発揮しやすくなります。お子さまによって歯並びや骨格の成長も違うので歯科医師がタイミングを判断します。前歯の反対咬合の場合は、早くて5歳から始められます。乳歯の段階で反対咬合の場合は、5歳になったらプレオルソマウスピース矯正をすぐに始められます。

 

Q:誰でもできますか?

A:プレオルソを装着することができれば誰でもできます。しかし、著しく歯列がずれている場合や、常に鼻が詰まっているお子様は使用することができません。歯並びを改善した場合は、歯を直接動かす本格矯正をお勧めしています。

 

Q:痛みはあるのでしょうか?

A:歯が動くときの痛みはお子さまによって差がありますが、プレオルソは比較的痛みが出にくいようです。歯ぐきなどに当たって痛いと感じる場合には、痛くないように調整します。

 

Q:どれくらいで歯が綺麗に並びますか?

A:個人差があります。半年から1年は必要です。歯並びや口腔周囲の筋肉のバランスがずれていれば治療期間は長くなります。プレオルソは使用することで顎の成長を期待します。その結果、バランスが整った位置に自然に歯が並ぶメカニズムを利用した装置です。1年で改善しない場合は継続して使用するかどうかご家族と一緒に判断していきます。

 

Q:前歯が綺麗な歯並びになった後は、他の永久歯の歯並びは綺麗になりますか?

A:プレオルソは前歯の部分矯正方法がメインです。しかし、顎の成長を促進する効果を期待できるため、歯のアーチが広がるため、前歯以外の歯並びの改善も期待できます。

 

Q:寝るときに口に入れて大丈夫でしょうか?

A:最初は少し呼吸しづらいと感じることもありますが、それは口呼吸になれてしまっているということです。使いつづけることで鼻呼吸に変わってくると、だんだん気にならなくなります。ただし装着しているとどうしても寝れない、鼻づまりがひどい場合は、無理に使用しなくて大丈夫です。継続して使用することが大事ですので無理に使用せずゆっくり慣れて行きましょう。使用する場合は、肌に優しいお口閉じテープがありますのでご案内させて頂きます。

 

Q:1年以内に歯並びが改善してしまった場合は差額は返金してもらえますか?

A:1年契約でご案内しているためご返金はできません。御了承ください。

 

Q:1年使用しても歯並びが改善しない場合は返金してもらえますか?

A:1年契約でご案内させて頂いているためご返金はできません。プレオルソは口腔周囲の筋肉のバランスにより歯列改善を目的としています。適切に使用をしていれば全く改善しないということはありません。使用状況や口腔周囲の筋のバランスにより改善が遅いことはあります。なかなか改善しない場合は、本格矯正をオススメしています。プレオルソの使用により自然に顎の成長を促進させる効果があるため1年使用しても無駄になることはありません。

 

 

プレオルソの費用は装置代込みの年間契約

1年間で¥38500(税込)

契約期間中は

1ヶ月に1回の歯並びチェックと

虫歯予防¥300

1年間で改善しない場合に

再契約 ¥33000(税込)

男の子は青、女の子はピンクの専用ケース付き。新品は個包装で保管されているため清潔です。

 

 

将来のお子様の歯並びが悪くならないように気にされている場合は、当院の【こども歯並び予防外来】の矯正無料相談をご利用下さい。

ネット予約でいつでも【矯正無料相談】のご予約をお取りできます。

まずは歯並びが問題ないかどうか【無料相談へ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【プレオルソマウスピース矯正で歯並びが改善した1症例】

 

主訴:受け口を治してほしい

診断名:反対咬合

年齢:9歳

矯正装置:歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソマウスピース矯正)

治療期間:4ヶ月

治療費:¥38500

治療回数

・月に1回の通院ペースで3回で歯列改善 
・来院毎に歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況の確認
・口腔周囲の筋力測定
・口腔周囲の筋肉の使い方のパーソナルトレーニング

 

治療効果・リスクについて

歯並びや歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況により改善期間は個人差があります。     
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)による機能矯正は歯並び改善を保証するものではありません。     
詳しくは、主治医の診断が必要になります。

 

 

 

 

【プレオルソマウスピース矯正でわずか3ヶ月で歯並びが改善した1症例】

 

反対咬合を主訴に来院された患者様です。

当院の【こども歯並び予防外来】でプレオルソマウスピース矯正を行い、【3ヶ月】で反対咬合が改善しました。

 

治療回数(通院回数)は月1回のプレオルソの装着状況の確認と口腔周囲の筋肉のパーソナルトレーニングを【3回】行っています。

 

日中と夜間で10時間以上装着し、口腔周囲の筋肉を鍛えるアーブル歯科クリニックが推奨するパーソナルトレーニングを実践してもらいました。

 

今後は、反対咬合が改善しており、永久歯の萌出スペースもあるため、自然な歯並びになるように経過観察をしていきます。

 

(歯並びや歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況により改善期間は個人差があります。 歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)による機能矯正は歯並び改善を保証するものではありません。 詳しくは、主治医の診断が必要になります。)

 

 

 

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科