歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の症例

叢生:歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)

主訴 前歯のガタガタを治してほしい
診断名 叢生
年齢 8歳
矯正装置 歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソマウスピース矯正)
治療期間 約12ヶ月
治療費 ¥38,500
治療回数・治療内容 治療回数9回
・来院毎に歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況の確認
・口腔周囲の筋力測定
・口腔周囲の筋肉の使い方のパーソナルトレーニング

Before

After

治療効果・リスク

歯並びや歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況により改善期間は個人差があります。     
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)による機能矯正は歯並び改善を保証するものではありません。     
詳しくは、主治医の診断が必要になります。

捻転:歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)

主訴 前歯の歯並びを治したい
診断名 捻転
年齢 9歳
矯正装置 歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソマウスピース矯正)
治療期間 歯列改善期間は約2年(矯正治療継続中)
治療費 1年目¥38,500
2年目¥33,000

当院ではプレオルソマウスピースの使用期間を【約1年】と定めております。 
装置はポリウレタン製の素材となっており、1年間使用していると表面に細かな傷が発生します。
マウスピース洗浄剤を使用して清潔に保っていても、細かな傷に【細菌が繁殖】しやすくなるため、お子様の口腔内を清潔に保つ関係上、装置を使用できる状態であったとしても細菌感染症予防のため【約1年で交換】とさせて頂いております。
また、プレオルソマウスピースの素材は【1年使用すると劣化】し、装置による効果が正しく得られない可能性があるため,【約1年ごと】に新しいマウスピースに交換することが推奨されています。

治療回数・治療内容 ・治療回数17回(約2ヶ月に1回来院)
・来院毎に歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況の確認
・口腔周囲の筋力測定
・口腔周囲の筋肉の使い方のパーソナルトレーニング

Before

After

治療効果・リスク

歯並びや歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況により改善期間は個人差があります。     
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)による機能矯正は歯並び改善を保証するものではありません。     
詳しくは、主治医の診断が必要になります。

上顎前突:歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)

主訴 前歯が出ている
診断名 上顎前突
年齢 9歳
矯正装置 歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソマウスピース矯正)
治療期間 約12ヶ月
治療費 ¥38,500
治療回数・治療内容 治療回数8回
・来院毎に歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況の確認
・口腔周囲の筋力測定
・口腔周囲の筋肉の使い方のパーソナルトレーニング

Before

After

治療効果・リスク

歯並びや歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況により改善期間は個人差があります。     
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)による機能矯正は歯並び改善を保証するものではありません。     
詳しくは、主治医の診断が必要になります。

反対咬合(受け口):歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)

主訴 反対咬合(受け口)を治してほしい
診断名 反対咬合
年齢 9歳
矯正装置 歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソマウスピース矯正)
治療期間 約4ヶ月
治療費 ¥38,500
治療回数・治療内容 ・月に1回の通院ペースで3回で歯列改善 
・来院毎に歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況の確認
・口腔周囲の筋力測定
・口腔周囲の筋肉の使い方のパーソナルトレーニング

Before

After

治療効果・リスク

歯並びや歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況により改善期間は個人差があります。     
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)による機能矯正は歯並び改善を保証するものではありません。     
詳しくは、主治医の診断が必要になります。

反対咬合(受け口):歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)

主訴 受け口を治したい
診断名 反対咬合
年齢 7歳
矯正装置 歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソマウスピース矯正)
治療期間 ・反対咬合の改善は約4ヶ月
・歯列改善期間は1年6ヶ月(現在、矯正中)
治療費 1年目¥38,500
2年目¥33,000
治療回数・治療内容

治療回数11回(1〜2ヶ月に1回来院)
・来院毎に歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況の確認
・口腔周囲の筋力測定
・口腔周囲の筋肉の使い方のパーソナルトレーニング

Before

After

治療効果・リスク

歯並びや歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況により改善期間は個人差があります。     
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)による機能矯正は歯並び改善を保証するものではありません。     
詳しくは、主治医の診断が必要になります。

一部反対咬合(受け口):歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)

主訴 前歯の歯並びを治してほしい
診断名 一部反対咬合
年齢 7歳
矯正装置 歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソマウスピース矯正)
治療期間 約1ヶ月
治療費 ¥38,500
治療回数・治療内容 ・月に1回の通院ペースで1回で歯列改善 
・来院毎に歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況の確認
・口腔周囲の筋力測定
・口腔周囲の筋肉の使い方のパーソナルトレーニング

Before

After

治療効果・リスク

歯並びや歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況により改善期間は個人差があります。     
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)による機能矯正は歯並び改善を保証するものではありません。     
詳しくは、主治医の診断が必要になります。

前歯の歯並び:歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)

主訴 前歯の歯並びを治してほしい
診断名 捻転
年齢 9歳
矯正装置 歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソマウスピース矯正)
治療期間 約10ヶ月
治療費 ¥38,500
治療回数・治療内容 ・月に1回の通院ペースで10回で歯列改善 
・来院毎に歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況の確認
・口腔周囲の筋力測定
・口腔周囲の筋肉の使い方のパーソナルトレーニング
本格矯正と違い、口腔周囲の筋機能を鍛えることにより、正しい歯列を成長させて歯列不正を改善しています。

歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソマウスピース矯正)は歯を直接矯正する装置ではないため、治療期間がかかっていますが、自然な歯並びに誘導し高額な本格矯正を防ぐことができました。

Before

After

治療効果・リスク

歯並びや歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況により改善期間は個人差があります。     
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)による機能矯正は歯並び改善を保証するものではありません。     
詳しくは、主治医の診断が必要になります。

反対咬合(受け口):歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)

主訴 受け口を治してほしい
診断名 反対咬合
年齢 6歳
矯正装置 歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソマウスピース矯正)
治療期間 約8ヶ月
治療費 ¥38,500
治療回数・治療内容 ・月に1回の通院ペースで8回で歯列改善 
・来院毎に歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況の確認
・口腔周囲の筋力測定
・口腔周囲の筋肉の使い方のパーソナルトレーニング

Before

After

治療効果・リスク

歯並びや歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況により改善期間は個人差があります。     
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)による機能矯正は歯並び改善を保証するものではありません。     
詳しくは、主治医の診断が必要になります。

叢生・反対咬合:歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)

主訴 歯のガタガタと受け口を治してほしい
診断名 叢生と反対咬合
年齢
矯正装置 歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソマウスピース矯正)
治療期間 約9ヶ月
治療費 ¥38,500
治療回数・治療内容 ・月に1回の通院ペースで9回で歯列改善 
・来院毎に歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況の確認
・口腔周囲の筋力測定
・口腔周囲の筋肉の使い方のパーソナルトレーニング

Before

After

治療効果・リスク

歯並びや歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)の使用状況により改善期間は個人差があります。     
歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)による機能矯正は歯並び改善を保証するものではありません。     
詳しくは、主治医の診断が必要になります。

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科
日本スウェーデン歯科学会