新着情報

2017.11.15

12月9日(土)は矯正認定医による矯正無料相談日です

当院では、矯正治療の無料相談をおこなっています

「歯並びが気になる」「いくら費用がかかるの?」「治療期間はどのくらい?」といった疑問や不安をお持ちの方は、一度ご相談下さい

出っ歯やすきっ歯、重なって生えている歯など、歯並びの乱れでお悩みの方は少なくありません。
乱れた歯並びの問題は見た目が気になるだけではなく、歯みがきがしにくいことから虫歯や歯周病になりやすい、しっかり食べ物が咬めない、正しい発音ができないなど、さまざまなものがあります。

つまり歯並びを整える矯正治療は、心と体を健康にする治療といえます。
歯並びでお悩みの方は、津田沼クリニックモール内にある歯医者「アーブル歯科クリニック」で矯正治療を受けることを検討してみませんか?

 

並びをの問題を総称して『不正咬合』と言いますが、

不正咬合の割合

叢生(歯並びの凸凹) 35%

上顎前突(出っ歯)  28%

下顎前突(受け口)  31%

開咬(前歯が咬んでない状態) 5% 

その他(歯が少ないなど)  2%

以上のようにさまざまな状態があります。

その中でも一番多いのが叢生と上顎前突が合わせて 63%を占めております。
叢生は日本人の40%に見られ、叢生の70%は前歯に見られます。


子供の矯正治療の時期はいつがいいの?
矯正治療は治療時期を4つに区分
致します。

乳歯列期 

すべて乳歯の時期

混合歯列期前期 

6歳〜前歯のみが永久歯に交換している時期〜

混合歯列期後期

9歳〜犬歯(糸切り歯)が永久歯に交換する時期〜

永久歯期 

12歳〜乳歯がすべて永久歯に交換して第二大臼歯が萌出してからの時期になります。

当医院では9歳(混合歯列期前期)までに開始することをおすすめしてます。

その理由は4つです

歯の萌出:犬歯が萌出する前なら、前歯だけの問題で済みます

成長  :第二次成長期の顎の成長を利用できます

モチベーション:自我の芽生える前なら、親のやる気だけで治せる

装置の適合:犬歯が萌出し始めると装置が不安定になる

※混合歯列期の歯並び改善のメリットは、お子さんの顎が小さくて歯が並びきらないようなことがあっても、顎の成長を誘導することによって歯並びを改善できる可能性が高くなるからです。

もちろん永久歯に生え変わった後からでも矯正治療は可能です。しかし顎の成長が止まった状態での矯正治療は、歯が生えるスペースがない場合は、健康な歯を抜歯してスペースを確保し歯並びを改善する場合があるため、混合歯列期から矯正するよりかは負担がかかる場合があります

混合歯列期からの矯正治療は『床矯正』と言って顎の成長を促進させながら歯並びを改善し誘導する矯正治療をご提案しています

歯並びによって、様々な治療方法がありますので最適な方法をご提案させて頂きます

平成20年に厚生労働省より発表された患者調査によると、歯列矯正治療を受けた推計患者数のうち、19歳以下は70%20歳を過ぎてから治療された人の割合はおよそ30%となっています。成人を過ぎてから矯正を受けられた患者数の割合のみを見てみると、20代〜40代が約8割50代〜70代が2割強を占めています。矯正治療は子どもの頃しか出来ないと思われがちですが、実は、幅広い年齢層の方が矯正治療を受けています

 

矯正治療の期間はどのくらい?

歯を移動させる量が少ないケースであれば、数ヵ月で終わることもありますが、時間がかかる複雑なケースでは、2年以上かかることも。平均的な治療期間は、1年〜2年といわれています。

『歯列不正』に関しても小さな歪みが大きな歪みになる前に

早期発見 → 早期対策 することで、短期間で、負担の少ない装置で、より安価にという考え方になります

気になる方は早い段階でお気軽にご相談下さい。

当医院はで大人の矯正治療もおこなっています

目立たない「マウスピース矯正」

〜  インビザライン  〜

歯並びはキレイにしたいけど、目立つ矯正装置をつけるのに抵抗があって……」という方のために、当院では装置が目立たない、「インビザライン」というマウスピース矯正を採用しています。

取り外しができる透明のマウスピース型の装置を歯に装着して歯並びを整えていく矯正治療で、歯の移動に合わせて定期的にマウスピースを取り替えながら、正しい歯並びに導いていきます。
症状によっては、適用できないケースもあります

インビザラインのおもな特徴

 

特徴1 目立たない!

インビザラインのマウスピースは薄くて透明なため、装着していても一般の方にはわかりません。 
人に気づかれずに矯正治療が受けられます。

 

特徴2 取り外せる!

一般的な矯正装置と違い、インビザラインは取り外しが可能。食事や歯みがきも、いつものとおりできます。お口の中が衛生的に保てるため、一般的な装置のようにむし歯や歯周病のリスクが増すことがありません。

特徴3 通院回数が少ない!

インビザラインは、約2週間ごとにマウスピースを新しいものに交換します。交換はご自宅でできるため、ご来院いただくのは、1〜3ヶ月に1回程度。通院回数が少なくて済むのも大きなメリットです。

 

 

当院は矯正治療無料相談です
矯正治療は矯正認定医の女性歯科医師がおこないます
お気軽にご相談ください

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
DHマイライフ応援宣言
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科