新着情報

2022.04.26

虫歯を様子みましょうと言われた歯が、実は【進行型の虫歯】の可能性があります。

 

着色と言われた歯が、実は【進行型の虫歯】の虫歯の場合があります。

 

ご自身の歯の大きさを鏡で覗いてみて下さい

 

奥歯の大きさは小指の半分くらいの大きさしかありません

 

歯科医師が肉眼でみた場合のほとんどが、歯の溝の着色と判断してしまうことがあります

 

その診断が、

実は進行型の虫歯の場合、

自分の気が付かない間に歯の内部に虫歯菌が侵入して、

ようやく虫歯に気がつくことがあります

 

 

 

 

 

当院は、虫歯をたくさん見つけて、治療回数や通院期間を伸ばすようなことをせず、できる限り最小限で治療し歯の寿命を伸ばそうとしています。

 

 

例えば、歯科医師に言われた時にどのようにお考えですか?

 

・小さい虫歯のうちに最小限に治療してもらえた

・小さい虫歯だけど様子を見て大きくなってから治療しましょうと言われた

 

どちらも虫歯治療をします

 

今の段階の最小限の削る量で小さい虫歯治療が済むのか

 

様子を見て虫歯が大きくなって、歯の削る量が大きくなってから虫歯を治療するかの違いです

 

ちなみに前者は最小限の治療のため、治療費が少ないことが多い

 

後者は削る量が多いため、治療費が高くなることが多い

 

 

虫歯になっているということは歯が【虫歯菌に感染】している状態と言えます

 

歯は体の一部のため、自分の体が感染しているとも言えます

(自覚症状がないのが虫歯の感染です)

 

 

治療しないことが一番良い選択です

 

しかし、虫歯であるにも関わらず、進行型の虫歯を放置するわけにはいきません。

 

 

このような歯科医師の考え方も一つの判断だと思って下さい

 

 

 

歯の寿命を伸ばしてくれる

歯医者さんが検索できるサイト

 

https://www.dentallife.info/

 

 

 

 

 

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック
奏の社さとう小児科
津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ
アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら
ドクターズファイル
KnH高野博幸公認会計士税理士事務所
特定非営利活動同人POIC研究会
特定非営利活動同人POIC研究会
小梅ちゃん「ばいきん0歯科そうだんしつ」
invisalign目立たない矯正歯科